« 肺がん症例の16%はラドンガスの可能性(カナダ保健省の研究/2012年8月17日付け「ナショナル・ポスト紙」より) | Main | スイス・メテオメディア社のシミュレーション画像に「カラーバー」混入(2012年08月26日) »

Aug 24, 2012

Japanese Gov is secretly trying to move Fukushima radioactive soil to southern part of Japan (鹿児島県南大隅町:「唯一にして最大の最終処分場候補地」)


According to JNN news video, Japanese government now secretly chooses Minamiosumi town, Kagoshima prefecture, which locates southern part of Japan, as the "only one and biggest candidate" for final landfill site of radioactive soil of Fukushima. Though both head of Minamiosumi town and Kagoshima prefecture are strongly denied this plan, Ministry of Environment is now trying to do. Above embedded is the JNN news video (Sorry, its Japanese).

Minamiosumi town is located about 1000km far away from Fukushima. I cannot find rational reason to spread radioactive waste such place. It seems nonsense and dangerous plan for me.

LINK:
JNN news video (Sorry, its Japanese): 最終処分場候補地に南大隅町が浮上 - YouTube

LINK:
Official Website of Minamiosumi town (Sorry, its Japanese): 鹿児島県 九州本島最南端 南大隅町のホームページ

LINK:
JNN news (Sorry, its Japanese): 「最終処分場候補地に南大隅町が浮上」 News i - TBSの動画ニュースサイト

最終処分場候補地に南大隅町が浮上
 福島の原発事故で放射性物質に汚染された土などを捨てる最終処分場の有力候補地がついに判明しました。政府はこれまで、最終処分場は福島県外に作るとしてきましたが、有力候補地として浮上したのは鹿児島県南大隈町の山林であることが、JNNの取材でわかりました。政府はすでに水面下で町の関係者に接触しているということです。
 鹿児島県南大隅町。福島第一原発からおよそ1500キロ離れたこの町が今、揺れています。人口9000人に満たない漁業と農業の小さな町が、放射性物質に汚染された土の最終処分場の有力候補地として政府内で浮上したのです。最終処分場について具体的な地名が上がるのは初めてのことです。その候補地とはどんなところなのでしょうか。
 東日本大震災以降、福島県内では放射性物質を除去するための除染作業が行われています。取り除いた汚染土は現状、市町村ごとの仮置き場に保管されています。黒い大きな袋に包まれているのが汚染土です。除染作業で大量に発生しますが、こうした仮置き場の設置はなかなか進みません。理由は、住民の不安にあります。
 「仮置き場を2年なり3年なり(の予定)で置いたものが、そのまま5年、10年と長期間置かれてしまう心配はないのか」(伊達市住民集会、先月6日)
 政府の計画では除染作業で出た汚染土は、まず市町村ごとの仮置き場に保管します。その後、県内の中間貯蔵施設に移すとしています。さらに30年以内に福島県外に設置する最終処分場に移す計画です。中間貯蔵施設についても、交渉の難航が予想されます。理由は仮置き場と同じです。
 「必要性と安全性と必ず(県外に)持っていくのでなければ議論に入れない。最終処分場の話もまだ出てない」(福島・双葉町 井戸川克隆 町長)
 除染活動を進める上で最大の課題である最終処分場の設置。公の場で議論は進んでいません。ですが、政府内では密かにその候補地の選定が進められていたのです。本土最南端に位置する鹿児島県南大隅町。この町が最終処分場の有力候補地として政府内で浮上していることがJNNの取材でわかりました。具体的な候補地は、南大隅町の南東部にある土地です。私たちは候補地付近に船で向かいました。すると・・・
 「見えてきました、見えてきました。この先に見えますのが、最終処分場の候補地です。切り立った崖が見えます」(記者)
 さらに近づくと・・・
 「私の後ろには広大な敷地が広がっています。民家はおろか人の姿はありません。手つかずのままの自然が残っています」(記者)
 空から見ますと、そこには広大な山林が広がっています。政府は既に、水面下で町の関係者に接触を始めています。環境省幹部も、JNNの取材に対し、地元との調整を進めていると話しました。
 南大隅町の森田町長は23日朝、私たちの取材に対し、次のように答えました。
 (Q.最終処分場の候補地としてあがっているが、政府側と接触は?)
 「ないですね。どこか手を挙げてくれという話は私のみならず、他の首長もあるのでは。探りじゃないかなそういう話は、あると思うが正式な話はない」(鹿児島・南大隅町 森田俊彦町長)
 また、鹿児島県の伊藤知事は・・・
 「何の呼びかけも国の方からありません。受け入れるような余地がない。受け入れるつもりもない」(鹿児島県 伊藤祐一郎知事)
 一方で、地元の住民からは戸惑いの声が上がります。
 「ちょっと難しい。一概にダメとも言えない」
 「持ってきてほしくないが、福島の人たちを思うと誰かがしてあげないと・・・」(南大隅町の住民)
 ある政府関係者は、JNNの取材に対し、「南大隅町は唯一にして最大の最終処分場候補地だ」と話しています。(23日17:41)

|

« 肺がん症例の16%はラドンガスの可能性(カナダ保健省の研究/2012年8月17日付け「ナショナル・ポスト紙」より) | Main | スイス・メテオメディア社のシミュレーション画像に「カラーバー」混入(2012年08月26日) »

SLOW GENOCIDE」カテゴリの記事

Comments

>持ってきてほしくないが、福島の人たちを思うと誰かがしてあげないと・・・

ただのプロパガンダであることが見え透いていますが、これが本当に住民の意向だとしたら、子々孫々に迷惑を掛けても構わないと思っていることになります。また先祖代々の土地を大切にするという考えも出来ていないことになります。もともとの過ちは川内原発を許したことに始まったわけですが、せめて廃棄物を30km圏内で最終処分するよう要請することはするべきです。でないと僅かなチャンスさえ棒に振ってしまうことになります。こうなると哀れです。

Posted by: 東電被害者 | Sep 29, 2013 at 03:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50105/55494525

Listed below are links to weblogs that reference Japanese Gov is secretly trying to move Fukushima radioactive soil to southern part of Japan (鹿児島県南大隅町:「唯一にして最大の最終処分場候補地」):

« 肺がん症例の16%はラドンガスの可能性(カナダ保健省の研究/2012年8月17日付け「ナショナル・ポスト紙」より) | Main | スイス・メテオメディア社のシミュレーション画像に「カラーバー」混入(2012年08月26日) »