« 要検証:東北地方はアスベスト(石綿)汚染を理由に阪神・淡路大震災(1995年)のがれき処理を拒否したのか | Main | 北九州市長・北橋健治様:出席督促書に不服です/家庭での内部被曝を放置して「食育」を主張する教育委員会から2回目の出席督促書(2012年03月13日付け) »

Mar 13, 2012

北九州市では汚染がれき処理の受け入れに反対すると「非国民」(NetIB-NEWS)

本日(3/13)付けNetIB-NEWSによると、昨日(3/12)の北九州市議会の汚染がれき処理の受け入れ決議の傍聴席において、汚染がれき処理の受け入れに賛成する傍聴者が反対派の傍聴者に対して「非国民」と罵声を浴びせたそうだ。

これが現在の北九州市の「空気」なのだろうか。


○出典:
北九州瓦礫受け入れ問題、全会一致で可決も傍聴席は大荒れ:|NetIB-NEWS|ネットアイビーニュース

○関連記事:
環境首都・北九州市は「核のゴミ捨て場」へ/市議会が汚染がれき処理の受け入れ決議を可決(2012年03月12日)

○参考:
2012-3-12 「北九州コドモのミライ」瓦礫受け入れ阻止活動 We are all one
非国民 - Wikipedia

※2012.03.18(日)20:37追記:
○参考:
「瓦礫受け入れ」大プロパガンダ満開 ~「受入拒否」はまるで戦時下の「非国民」さながらの様相~ - 暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~

|

« 要検証:東北地方はアスベスト(石綿)汚染を理由に阪神・淡路大震災(1995年)のがれき処理を拒否したのか | Main | 北九州市長・北橋健治様:出席督促書に不服です/家庭での内部被曝を放置して「食育」を主張する教育委員会から2回目の出席督促書(2012年03月13日付け) »

放射能対策」カテゴリの記事

Comments

徳島県の環境整備課の回答がすばらしいです。それにひきかえ、北九州市の応対はひどいようです・・・

http://www.pref.tokushima.jp/governor/opinion/form/652

Posted by: ys9902 | Mar 15, 2012 at 03:18 PM

ys9902 様

コメントありがとうございます。徳島県の回答は読みました。あちこちに転載されているようですね。良い回答だと思います。しかし、徳島県は希有なケースであり、現在の日本の「空気」に潰されるのではかいかと危惧しています。引き続き徳島県の動向に注目して行きます。

Posted by: 中村友一 | Mar 16, 2012 at 03:45 AM

ys9902 さん
煽りではなく素直な疑問として聞いてください。
北九州の対応のどこがひどいのでしょう?私の理解では
「安全が確保できる」という条件付きで議会で受け入れ可決。それを受けて市で安全性が確保できるか検討した上で方針を決定する予定。・・・なのですが、もっと話は進んでいるのですか?
徳島の見解と北九州で違う部分があるならば抗議しますので教えてください。お願いします。

Posted by: たけし | Mar 17, 2012 at 12:35 AM

たけし 様

ys9902 さんの見解は存じ上げませんが、以下、私の見解です:

>北九州の対応のどこがひどいのでしょう?

市民の安全に直結する重大な議案であり、さしたる緊急性が無いにもかかわらず、市民に対する説明も議会での審議も全く無しに派閥間の談合だけで突如として採決が行われ全会一致で可決されました。これだけでも「ひどい」と断じるに十分です。

>徳島の見解と北九州で違う部分があるならば抗議しますので教えてください。お願いします。

徳島県は「担当課」が明示的に厳しい安全基準の必要性を述べています。ところが、北九州市はようやく市長が「市独自の基準について検討する意向」(※)を述べている状態です。認識レベルに明確な違いがあります。

※関連報道:
東日本大震災:がれき受け入れ問題 北橋・北九州市長、明言避ける /福岡
 東日本大震災で発生したがれきの処理を巡り、北九州市の北橋健治市長は14日の定例記者会見で「安全に処理できるのか、その1点について一部(市民)に根強い不安がある。他都市の情報収集などをした後、次のステップを考える」と述べ、受け入れの可否について明言を避けた。市議会は12日、市に受け入れを求める決議案を全会一致で可決している。
 北橋市長はまた、野田佳彦首相が岩手、宮城両県で出たがれきを被災3県を除く全都道府県に受け入れるよう文書で要請すると表明したことについて「なかなか進まなかったのはそれなりの事情がある。国には安全基準の明快な説明が求められている」と批判した。
 さらに、国が設定した「1キロ当たり8000ベクレル以下」とする焼却灰の埋め立て基準については「国民が納得できるだろうか。行政として重要な課題だと思っている」と述べ、受け入れを決める場合には市独自の基準について検討する意向を示した。【仙石恭】
〔北九州版〕
毎日新聞 2012年3月15日 地方版
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20120315ddlk40040361000c.html

Posted by: 中村友一 | Mar 17, 2012 at 07:59 AM

なるほど市議会も含めての「北九州市」というわけですね。
徳島の良い所はHPの目安箱と返事を公開している所ですね。状況が刻々と変わる中、現状の案を示すのは、方針が変わった後から変化を責められる可能性があるのに立派だと思います。
北九州市の市長への手紙は本人にしかわからないから市の現在の方針は皆にはわからないですもんね。でも昨年市に電話した感じでは考え方は徳島と同じで、その理由で今まで受け入れていないのだと信じています。

ただ方々で絶賛されている徳島の場合は単に自分の処理施設を持っていないから議会で決議案が提出されていないだけのような気も・・・

Posted by: たけし | Mar 19, 2012 at 01:29 AM

たけし 様

>なるほど市議会も含めての「北九州市」というわけですね。

「行政としての北九州市」の返答は、

「決議は私どもがしたものではありませんので何とも言いようが無い」

でした。完璧で非の打ちどころの無い「お役所仕事」です。お時間があれば下記の出典をご確認ください。詳細な遣り取りがビデオとして記録されています。

○出典:
・2012-3-12 「北九州コドモのミライ」瓦礫受け入れ阻止活動 We are all one
http://samadi.cocolog-nifty.com/sahasrara/2012/03/2012312-b832.html
埋め込まれているビデオの51分30秒~52分20秒あたり、市議会の議決直後、採択された決議について市民に対して説明が無い事についての返答(2012年03月12日、循環社会推進課・作花課長)より。

○参考:
・市民団体「北九州コドモのミライ」が北九州市へ瓦礫受入れ反対の要望書を提出 We are all one
http://samadi.cocolog-nifty.com/sahasrara/2012/01/post-bbe0.html
埋め込まれているビデオに議決前の行政の対応(2012年01月26日、循環社会推進課)あり。


>北九州市の市長への手紙は本人にしかわからないから市の現在の方針は皆にはわからないですもんね。

市の方針は事前の質問と回答がブログに公開され分かっています:

質問 http://fukuoka-warabi.blogspot.jp/2012/01/126.html
回答 http://fukuoka-warabi.blogspot.jp/2012/02/blog-post_23.html


>徳島の場合は単に自分の処理施設を持っていないから議会で決議案が提出されていないだけのような気も・・・

徳島県の公式回答では「徳島県や県内のいくつかの市町村は,協力できる部分は協力したいという思いで,国に対し協力する姿勢を表明しておりました。」となっています。

○出典:
目安箱 徳島県 登録・更新日:2012-03-15
http://www.pref.tokushima.jp/governor/opinion/form/652

「処理施設を持っていない」という「気」に根拠があればお教えください。

Posted by: 中村友一 | Mar 20, 2012 at 11:23 PM

感想のようなコメントに丁寧に回答していただき恐縮です(汗)色々な情報ありがとうございます。勉強になります。

ブログの回答を見てもやはり徳島と北九州の考え方に差は感じられませんでした・・・
どちらも「国の明確な基準や説明がなければ受け入れられないのでそれを国に求める。その上で県(市)民の理解が得られたら検討する」という風に受け取れました。これは自分の性格が楽観的すぎるのかもしれませんね。

>「処理施設を持っていない」という「気」に根拠があればお教えください。

 単に目安箱の回答に「瓦礫を処理する施設を県は保有していないため」という文章があったからです。議会って表向きは議会を持つ市町村の管轄には口を出せないんではないだろうかという想像です。以前県ではなく「町」が受け入れに手を上げてますしね。
http://panda.betoku.jp/article/0402967.html

ただ県内で統一した意見を作りたい気持ちはあるみたいなので、以前のように町レベルで受け入れを極めないかもしれませんね。
「がれき処理で意見交換 27日、県と県内24市町村」
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2012/03/2012_133168669248.html

Posted by: たけし | Mar 21, 2012 at 06:16 AM

先程、北九州市環境局に電話してましたら、電話口近くで男の嘲笑うような笑い声が聞こえてきてムカムカきてます、くたびれかぼすと申します。
どうも、はじめまして。

放射線やアスベスト、鉄鋼スラグ等の有害物質も問題ですが、被災地の首長達の意見が表に出て来ず無視されてるところが、一番問題だと思います。
高田町長のプラント建設は却下され、宮城県知事の「みどりの防波堤」(参考youtube[いのちを守る森づくり])構想は適当に袖にされた感じです。

被災地と政府は噛み合っておらず、ピントずれまくりです。とにかく、若松の美味しいトマトときゃべつをいつまでも美味しく頂きたいし、子供たちを守りたいです。
私こと、かぼすもだいぶくたびれてますが、反対運動頑張っていきます。

そー言えば、山下公園は関東大震災の瓦礫で造られましたよね~被災地も中で絶対出来るはず!。。。くっっそ~!!

Posted by: くたびれかぼす | Mar 22, 2012 at 03:43 PM

大分県の佐伯の者です。隣の津久見市が、北九州の次を行こうとしてます。

試験焼却は決まったようですが、まだまだあきらめないために。

こちらのブログのコメント欄を借りて書いたのですが
http://ameblo.jp/kikunosuke18/entry-11244754716.html#c11866314897

ウランとコバルト60は、がれきの段階でセシウムを100ベクレル以下に抑えても、焼却灰では、それぞれのクリアランスレベルを超える可能性がデータとしてあります。
石巻付近でのデータはないのですが、名取や東京でのデータからしてその可能性はあるでしょう。
仮に試験焼却後の灰にクリアランスレベルを超えるウランや、コバルト60がなかったとしても測定させる意義はあると考えます。

コドモのミライさんたちも解散されるということで、過酷な運動だったのだと思います。
あちらのブログにはコメントは控えさせていただきましたが、中村様のお力でもう一息お願いします。
ウランやコバルト60が検出されれば、「通常のごみ」として決議に参加した共産党もそれは違うということになる。

Posted by: 佐伯の人間 | May 17, 2012 at 09:10 AM

北橋市長への手紙は市役所→秘書→市長に伝わるのですが…。
ワタクシも市長への手紙出しましたけどね?

受け入れ感謝の大賛成で。

Posted by: 北九もんですが… | Jun 14, 2012 at 02:39 AM

The Asia-Pacific Journal: Japan Focus
Eco-Model City Kitakyushu and Japan's Disposal of Radioactive Tsunami Debris 
http://japanfocus.org/-Asia_Pacific_Journal-Feature/3770
【宮城】みやぎ・この人に聞きたい:宮脇昭さん /宮城
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20120610ddlk04040024000c.html
◇宮脇昭さん(84)
 東日本大震災で発生した災害廃棄物(がれき)などを混ぜた盛り土に植樹して造る
「森の防潮堤」構想に賛同する県議会の全59議員が、超党派による推進議員連盟を発足させた。
構想はがれきの有効な処理方法の一つになり得るのか。
構想を提唱する植物生態学者の宮脇昭・横浜国立大名誉教授(84)に聞いた。【聞き手・影山哲也】
【重要・拡散希望】広域処理必要性の破綻
http://azarashi.exblog.jp/15550108/
北九州・がれき処理単価18万円で何人の福島県児童を疎開させることができるか?
http://tsunamiwaste.ldblog.jp/archives/8032930.html
55,000円×25万6000人=140億8000万円。
がれきを石巻から北九州に輸送する輸送費(138億2500万円)があれば、
福島県内の0歳~14歳のほとんど全員(98%)に対し、
一週間分のリフレッシュキャンプの補助金をだすことができます。

Posted by: fei | Jun 14, 2012 at 04:27 AM

「非国民」
そういや二次対戦中もこの様な妄言を使って日本を陥れた連中がいたな・・・

Posted by: dsds | Jun 20, 2012 at 03:56 PM

軍靴の音が聞こえますか?

Posted by: | Jul 01, 2012 at 08:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50105/54214609

Listed below are links to weblogs that reference 北九州市では汚染がれき処理の受け入れに反対すると「非国民」(NetIB-NEWS):

« 要検証:東北地方はアスベスト(石綿)汚染を理由に阪神・淡路大震災(1995年)のがれき処理を拒否したのか | Main | 北九州市長・北橋健治様:出席督促書に不服です/家庭での内部被曝を放置して「食育」を主張する教育委員会から2回目の出席督促書(2012年03月13日付け) »