« 「科学」の名を借りた人権の抑圧(押川正毅) | Main | 早川由紀夫氏は電力業界と関係あるの? »

Dec 18, 2011

「中華人民共和国法が準拠法」となるソフトウェア


某ソフトウェアをインストールしようとしたところ、使用許諾の同意を確認する画面で「中華人民共和国法が準拠法」という指定があった。冒頭の画像はその画面キャプチャ(クリックすると大きな画像へリンクするが、ソフト名および会社ロゴは削除している)。

初めて見る文面だったためインストールに躊躇した。どうしても必要というソフトではなかったため、結局インストールしないことにした。

こういうソフトウェアは今後も増えるのだろうか。

|

« 「科学」の名を借りた人権の抑圧(押川正毅) | Main | 早川由紀夫氏は電力業界と関係あるの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「中華人民共和国法が準拠法」となるソフトウェア:

« 「科学」の名を借りた人権の抑圧(押川正毅) | Main | 早川由紀夫氏は電力業界と関係あるの? »