« 差別と暴言について教えて下さい/早川由紀夫氏の発言は差別か暴言か | Main | 「中華人民共和国法が準拠法」となるソフトウェア »

Dec 15, 2011

「科学」の名を借りた人権の抑圧(押川正毅)

東京大学物性研究所・押川正毅氏が「ニセ科学」のカウンターとして「ダメ科学」を提唱するなど非常に興味深い主張を行っている。以下、押川氏の講演資料より気になるフレーズを抜粋:

>「ニセ科学」ではないが、その専門家が「素人」よりもデタラメ

>「科学」の名を借りた人権の抑圧!

>どういうわけか「原子力」「放射線」に関しては「専門家」がいろいろな意味で信頼できない、ケースが極めて多い

○出典:
・押川正毅(東京大学物性研究所・東京大学原発災害支援フォーラム(TGF)):「科学者からみた原発事故とその後」(2011/12/12HRN/TGFシンポジウム@青山学院大学)

○関連記事:
原発よりも原発を扱う奴らが信用出来ないんだよ(某巨大匿名掲示板より)
どれほど「安全」と「安心」を語ってもそれを語る政府が「信頼」されていなければすべてが意味を失う(田坂広志)

|

« 差別と暴言について教えて下さい/早川由紀夫氏の発言は差別か暴言か | Main | 「中華人民共和国法が準拠法」となるソフトウェア »

放射能対策」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「科学」の名を借りた人権の抑圧(押川正毅):

« 差別と暴言について教えて下さい/早川由紀夫氏の発言は差別か暴言か | Main | 「中華人民共和国法が準拠法」となるソフトウェア »