« メモ:群馬大学・早川由紀夫先生「放射能の公開授業」(2011年11月8日) | Main | デマが真実になり、真実がデマになり、見抜けない人は被害を受ける »

Nov 10, 2011

ダウンロードは2011年12月31日まで!「ICRP Publication 96 放射線攻撃時の被ばくに対する公衆の防護」(日本アイソトープ協会)

ダウンロードは年末まで可能です。お読みになりたい方はお早めにどうぞ:
ICRP Publication 96 -全文データ公開のお知らせ - 日本アイソトープ協会

|

« メモ:群馬大学・早川由紀夫先生「放射能の公開授業」(2011年11月8日) | Main | デマが真実になり、真実がデマになり、見抜けない人は被害を受ける »

放射能対策」カテゴリの記事

Comments

初めてコメントさせていただきます。

汚染がれき処理法の省令パブコメが出てます。

放射性物質汚染対処特措法関係省令案に対する意見の募集(パブリックコメント)について http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14417

今回 あまりネットで拡散されてませんが、意見を出しても変わらないから、皆さんあきらめているのですかね。

ただ、気をつけなければならないのが、
「・ 指定廃棄物の指定基準は、セシウム134 及びセシウム137 の放射能濃度の合計値が、1キログラムあたり8,000 ベクレルを超える(※)こととする。」
の部分です。
これまでは、「一般廃棄物焼却施設の主灰又は飛灰が8,000 ベクレル」という基準で何事も処理していましたが、今回の省令案では、特にことわりがないことから、焼却するにかかわらず可燃物も1キログラムあたり8,000 ベクレルを超えなければ、廃棄物処理法に基づく処分が可能と考えられるので、パブコメ担当者に問い合わせていますが回答がありません。

8,000 ベクレルまでのものを燃やす影響が認識されていませんので、ここは意見を出しておかないとまずいと思います。

Posted by: 大分県人 | Nov 11, 2011 at 09:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50105/53213838

Listed below are links to weblogs that reference ダウンロードは2011年12月31日まで!「ICRP Publication 96 放射線攻撃時の被ばくに対する公衆の防護」(日本アイソトープ協会):

« メモ:群馬大学・早川由紀夫先生「放射能の公開授業」(2011年11月8日) | Main | デマが真実になり、真実がデマになり、見抜けない人は被害を受ける »