« 痛みを分かち合う気持ちはあります。日本に残された狭い土地で、一緒に暮らしましょう。僅かに残された危険度の少ない食物を分かち合いましょう。 (某巨大匿名掲示板より) | Main | 北九州市民は実は今さら手榴弾と言われてもあんまし驚いていない »

Sep 09, 2011

【油断するな福岡市民】福岡市教育委員会、学校給食で産地公表と放射性物質の独自検査へ【勝負はこれからだ】

福岡市教育委員会は給食の食材の産地公表と放射性物質の独自検査をするそうだ。

これは、一見すると一歩前進したかのように見える。しかし、福岡市民の保護者の皆様、絶対に油断してはいけない。

以下、今後警戒すべきポイントを挙げる:

・食材の産地偽装は学校給食に対しても行われる可能性がある。たとえ教育委員が誠実だったとしても、教育委員会より上流の流通段階で産地偽装があれば無意味だ。一歩踏み込んで流通段階に対する情報公開も含め求めなければいけない。

・放射性物質の検査をすると言っても「アリバイ工作」のための「ザル検査体制」が構築される危険がある。ND(検出限界)が1Bq/kg以上に設定されていたり、ND基準値が公開されていなかったりしたら徹底的に情報公開を求める必要がある。また、学期の初めに1回1品1個だけ検査してあとはスルー等、ザル検査体制はいくらでも構築できる。

繰り返す。福岡市民の皆さん、勝負はこれからだ。


以下、関連報道:

(報道ここから)

給食の食材 放射性物質検査へ
放射性セシウムを含む稲わらを与えられた可能性のある栃木県産の牛の肉が給食で提供されていたことを受けて、福岡市教育委員会は、給食の食材に放射性物質が含まれていないか、独自に検査を始めることになりました。
福岡市では先月、21の小学校で、放射性セシウムを含む稲わらを与えられた可能性のある栃木県産の牛肉が給食で提供されていたことが明らかになりましたが、問題の牛肉が残っていないため、放射性セシウムが含まれていたかどうかは、わかっていません。
こうした事態に保護者から不安の声が寄せられているため、福岡市教育委員会は9日記者会見し、「給食の食材に放射性物質が含まれていないか、今月から、独自に検査を始める」と発表しました。
対象は、今の時点では、国の原子力災害対策本部が検査対象としている1都16県で生産された農産物で、今月はじゃがいもなどの4品目です。
また、福岡市教委では、こうした検査の実施とあわせて、すべての給食の食材について産地を公表します。
福岡市教委は、「子どもたちが毎日、口にする給食なので、安心して食べてもらうための取り組みの必要性を感じた」と話しています。
09月09日 18時13分

給食の食材 放射性物質検査へ - NHK福岡のニュース魚拓

(報道ここまで)

関連記事:
速報:公益財団法人福岡県学校給食会による放射能検査(2011.09.05(月)発表) できない、困って→問題解決
RKBローカルニュースによる「火消し工作」の問題点/福岡市の給食「安全性」ツイッターで拡散中

※2011.09.09(金)21:10追記:
下記の関連記事の末尾に関連情報を追記した:
速報:公益財団法人福岡県学校給食会による放射能検査(2011.09.05(月)発表)

※2011.09.10(土)13:54追記:
昨日9/9(金)付けで「福岡市 福岡市の学校給食」(魚拓)に下記3点のPDF資料が掲載されている:
学校給食の安全・安心の確保について(PDF、224KB、外部リンク)(キャッシュ
学校給食で使用する食材の産地(9月分)(PDF、54KB、外部リンク)(キャッシュ
Q&A 福岡市の学校給食の食材について(PDF、151KB、外部リンク)(キャッシュ

※2011.09.12(月)05:41追記:
毎日新聞の門田陽介記者による署名付き記事によると、福岡市は1キログラムあたり500ベクレル(500Bq/kg)未満までの給食は子供に食べさせて平気と考えているようだ。心配していた通り、まだまだ福岡市民は油断できないことが明らかになってきた。
今回の報道と上記の福岡市のホームページの情報を総合すると、着目すべきポイントは下記4点になる。

(1)福岡市は1キログラムあたり500ベクレル(500Bq/kg)未満までの放射性物質を含む給食は子供に食べさせて安全という国の基準を追認しており、独自に安全を確保する気が無い(やる気なし)。

(2)検査頻度が月1回(一部は週1回)と少なく、放射性物質の検査におけるND(検出限界)が高過ぎる(おそらく10Bq/kg程度になるだろう)「アリバイ工作のためのザル検査体制」が構築される。

(3)産地偽装を防止する手順について情報公開が全く無いし、今後は放射能汚染肥料が九州に流通してくるという視点が全く抜けており、長期的には給食の安全が確保できない危険性が高い。

(4)これらに対する門田陽介記者の突っ込みが無く、その報道姿勢にも厳重に抗議すべきだ。

しかし、これでも北九州市と比べると少しは前進したと言えるだろう。北九州市にも福岡市に負けないよう頑張って欲しい。


以下、門田陽介記者による署名付き報道:

(報道ここから)

東日本大震災:福岡市教委、給食食材検査し公表 17都県産野菜の放射性物質 /福岡
 福岡市教委は9日、今月から市立小中学校など計222校の給食で使用する食材のうち、福島、茨城など東北・関東を中心とした1都16県産の野菜について、放射性ヨウ素と同セシウムの有無を検査して結果を公表すると発表した。毎月使用する食材の産地も市教委のホームページや各学校を通じて保護者に知らせる。
 放射性セシウムで汚染された稲わらを食べた可能性がある牛肉が、市立小21校の給食で提供されていたことが8月下旬に分かり、保護者から検査を要望する電話などが約100件あったことを受けた。ただ、肉類や魚は「主に九州、北海道産を使っている」として検査対象には含めない。
 市教委によると、9月に使う食材計28品目のうち、対象となるのは、青森産のジャガイモ、ニンジンと、群馬産のキャベツとレタス。検査機関は横浜市の財団法人・食品環境検査協会を予定しており、20日ごろに結果が判明する見込み。
 もし国の暫定規制値(1キロあたり500ベクレル以上)の放射性物質が検出された場合はその食材の使用を控え、それ未満の場合は数値を公表した上で使用する。結果は随時公表するという。
 市教委は「給食の食材は大半は九州産。流通している食材が規制値を超えているとは考えにくいが、安心して給食を食べてもらうため取り組んでいきたい」と話している。【門田陽介】
〔福岡都市圏版〕
毎日新聞 2011年9月10日 地方版
東日本大震災:福岡市教委、給食食材検査し公表 17都県産野菜の放射性物質 /福岡 - 毎日jp(毎日新聞)魚拓

(報道ここまで)


2011.09.12(月)11:15追記:
・上記追記の報道に魚拓を追加した。
・上記追記のうち門田陽介記者の敬称が一箇所抜けていたので追加修正した。
・西日本新聞から衝撃的な報道があったので追加紹介する。この報道によると福岡市は「流通しており基本的には放射性物質はないと考えている」という認識であり、つい最近、市場に流通していた放射能汚染牛肉を子供たちに食べさせてしまったと言いう事実をすっかり忘れているようだ。これは要するに、福岡市は子供たちの健康と生命を守ることに関しては無知で無能でヤル気もありませんと言っているに等しい。

これは非常に衝撃的だが、その福岡市よりさらに対応が遅れている北九州市はどうするつもりなのだろうか。


以下、報道:

(報道ここから)

給食食材の産地公表 福岡市教委
2011年9月10日 01:30 カテゴリー:九州 > 福岡
 福岡市教委は9日、小中学校や特別支援学校の給食で使う食材の産地を毎月公表し、関東・東北地方などの1都16県で生産された食材は毎月1回、放射性物質の検査を実施すると発表した。
 市教委によると、給食の食材は地産地消の観点から、基本的に九州産を使用。9月の給食で九州産以外の食材はジャガイモ(北海道、青森)ニンジン(同)キャベツ(群馬)レタス(同)の4品目。食品衛生法上の暫定基準値を上回る放射性物質が検出されれば食材を代えるが、市教委は「流通しており基本的には放射性物質はないと考えている。安心感を増すための検査」としている。
 さらに、キャベツ、レタスは10月以降は九州産が増えるなど、秋以降は、検査対象の1都16県で生産される食材はほとんどなくなるという。
 給食食材の産地公表と放射性物質の検査は、政令市では横浜、川崎、京都、大阪、相模原に次いで6番目。
 福岡市では、放射性セシウムに汚染された稲わらを与えられた可能性がある牛肉が市立小学校21校の給食に使われていたことが8月下旬に明らかになり、保護者などから産地公表を求める電話が、市教委に約100件寄せられたという。
=2011/09/10付 西日本新聞朝刊=
給食食材の産地公表 福岡市教委 - 西日本新聞魚拓

(報道ここまで)

|

« 痛みを分かち合う気持ちはあります。日本に残された狭い土地で、一緒に暮らしましょう。僅かに残された危険度の少ない食物を分かち合いましょう。 (某巨大匿名掲示板より) | Main | 北九州市民は実は今さら手榴弾と言われてもあんまし驚いていない »

放射能対策」カテゴリの記事

Comments

twitterで
「hayano ゲルマ 給食」で検索

一食分ミキサーにかけてゲルマで検査。
東京・杉並では導入決定。
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/library/file/230831hoseiyosan%20dai2gou.pdf

給食食材の事前検査にこだわると,食材のサンプリング検査となって,実際に摂取したセシウム量が分からない.事前検査にこだわるのをやめて,実際に食べた量を「ゲルマで」正確に把握する方がはるかに良い.最初は毎日.様子が把握できたら一週間まとめてでも良い

強く推奨.毎日やって積算.ゲルマ推奨. @kotori214x: 数日前に学校給食センターに電話して一食分をミキサーにかけたものを測定したらどうですか?とお願いしたら、そのような要望は始めてです。検討します。と言われました。
9月9日 お気に入り リツイート 返信

Posted by: | Sep 13, 2011 12:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【油断するな福岡市民】福岡市教育委員会、学校給食で産地公表と放射性物質の独自検査へ【勝負はこれからだ】:

« 痛みを分かち合う気持ちはあります。日本に残された狭い土地で、一緒に暮らしましょう。僅かに残された危険度の少ない食物を分かち合いましょう。 (某巨大匿名掲示板より) | Main | 北九州市民は実は今さら手榴弾と言われてもあんまし驚いていない »