« こんな事をしている国は、もう滅びるしかないと思う/放射線対策で運動会もひと工夫 茨城県(産経新聞) | Main | 玄海原子力発電所の放射線量が急上昇 »

Sep 18, 2011

「名古屋・京都・福岡」は「中世以来の、ケガレと差別の風土が濃密に残る土地柄」(福島民報社)

福島民報社は放射能汚染の問題を「差別事件」にすり替えた。

以下、当該の一文のみ抜粋:

(抜粋ここから)

 あえて差別事件といっておく。これらの事件の舞台が、名古屋・京都・福岡であったことはおそらく偶然ではない。中世以来の、ケガレと差別の風土が濃密に残る土地柄である。

出典:
・風評被害と戦うために(9月18日)
福島民報福島県の新聞社ニュース|論説・あぶくま抄魚拓

(抜粋ここまで)

|

« こんな事をしている国は、もう滅びるしかないと思う/放射線対策で運動会もひと工夫 茨城県(産経新聞) | Main | 玄海原子力発電所の放射線量が急上昇 »

放射能対策」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「名古屋・京都・福岡」は「中世以来の、ケガレと差別の風土が濃密に残る土地柄」(福島民報社):

« こんな事をしている国は、もう滅びるしかないと思う/放射線対策で運動会もひと工夫 茨城県(産経新聞) | Main | 玄海原子力発電所の放射線量が急上昇 »