« 北九州市立光貞小学校の給食献立表(2011年9月分) | Main | 無駄な抵抗は止めて、子供もろとも被曝しなさい »

Sep 08, 2011

岩手県奥州市の下水道汚泥から1キログラム当たり2300ベクレルの放射性ヨウ素(2011年8月25日採取分)

岩手県奥州市が昨日(9/7)発表したところによると、同市の下水道で2011年8月25日に採取された汚泥から1キログラム当たり2300ベクレル(2,300Bq/kg)の放射性ヨウ素(I-131)が検出されたとのことだ。冒頭の図は同市ホームページの画面キャプチャ。

福島第一原発がいまだに臨界状態でかつ放射性物質を絶賛放出中ということだろう。他に思いつかない。

出典:
奥州市公式サイト 公共下水道施設で発生する汚泥等の放射性物質濃度測定結果について魚拓

※2011.09.09(金)22:29追記:
本件については「医療用のヨウ素131が下水に流れ込んだものを検出している」との分析記事があったので紹介する:
9-9 半減期8日のヨウ素131が奥州市で8月に急に検出されたわけは? 3.11東日本大震災後の日本

上記によると、
・ヨウ素だけ突出してセシウムが変化していない
・上水から検出されていない
・周辺地域で検出されていない
といった事から総合して判断している。

今後、上水の検査データや他地域の検査データなどに新たな変化が無ければこの推理は妥当だと思われる。引き続き関連データの変化に注視したい。

※2011.09.10(土)11:30追記:
今朝からこの記事へのアクセスが急増しているようなので、コメントを補足しておく。
下水汚泥中に含まれる核医学で使用されている核種の放射能濃度及び被曝線量評価」(PDF、1,073KB、外部リンク)によると、

東京都23区にある10の下水処理場からサンプリングした下水汚泥中の放射性核種の測定を1983年10月から10年間にわたり実施した。下水汚泥からは核医学で使用されている核種が検出された。しかし, それらの濃度は我が国の排水濃度限度以下であった。

と結論付けられている。論文中の放射性ヨウ素I-131のデータを見ると、最大値は「Plant B」における1984年10月15日採取の0.73Bq/g(すなわち730Bq/kg)となっている(P165、Table 1)。
岩手県奥州市の下水道汚泥から検出された放射性ヨウ素I-131の数値(2,300Bq/kg)はこの論文の最大値の約3.15倍ということになる。数値的に大きく疑問は残るが、桁違いに多いということではないので、「たまたま多めに使用された」と言えなくもない範囲だ。これだけでは断定的な事は言い難い。引き続き他の計測データの変化に注目したいと思う。

参考:
【原発問題】 東京で大異変…ヨウ素が急上昇!何が起きているのか[09-09]★5魚拓

※2011.09.10(土)12:08追記:
上の参考に挙げた掲示板に興味深い書き込みがあったので紹介しておく:

(書き込みここから)

93 :名無しさん@12周年:2011/09/09(金) 21:06:05.56 ID:lnBUMqBW0
ヨウ素は沸点が184℃、セシウムは沸点が641℃
ヨウ素はセシウムよりも低い温度で気化して放出がはじまります
より沸点が高いセシウムの放出はヨウ素よりも遅れます
奥州市の汚泥で、先にヨウ素の濃度が上がり、後からセシウム濃度が上昇したのは
沸点の違いによるものです

※見やすくするため改行位置等を変更した。

出典:
【原発問題】 東京で大異変…ヨウ素が急上昇!何が起きているのか[09-09]★5魚拓

(書き込みここまで)

一見説得力ありそうだが、そうだとしたら上水道からもヨウ素が検出されるはずだ。やはり他のデータの変化を注視し続けるしかない。

※2011.09.12(月)08:00追記:
この記事のコメント欄に投稿されたdaminn さんのコメントで「長崎市からもヨウ素」とご指摘いただいたため調べてみたが、確かに「東日本大震災関連情報」(長崎市上下水道局ホームページ)(魚拓)でI-131を563Bq/kg検出したと発表されている。これは決して看過できるものではないと思うが、上の追記で示した東京都の最大値(730Ba/kg)と同レベルである、セシウムが検出されていない、などから医療用のものが流出した可能性が否定できないと思う。

ところで、それはそれとして、上記の長崎市の発表には他に重大な問題がある。同ページと添付資料(PDF、16KB、外部リンク)(キャッシュ)に「検出された数値については、市民生活や健康へ影響を及ぼす数値ではありません」「今回検出された放射線濃度は問題ないものです」と記載されているが、地方自治体にこんなことを断言する法的権限は無い。市民はこの辺を厳重にチェックするべきだと思う。

|

« 北九州市立光貞小学校の給食献立表(2011年9月分) | Main | 無駄な抵抗は止めて、子供もろとも被曝しなさい »

放射能対策」カテゴリの記事

Comments

これ大問題ですね。なぜマスコミが騒がないなのか、不思議です。毎日、毎日、バラエティ番組ばかり放送され、危機感ゼロですね。

Posted by: daminn | Sep 08, 2011 at 11:45 AM

長崎市からもヨウ素が出ました。これどういうことですか?

http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/water/index_frame.html

Posted by: daminn | Sep 11, 2011 at 11:04 AM

daminn 様

本文末尾に関連情報を追記しました。ご参照ください。

Posted by: 中村友一 | Sep 12, 2011 at 08:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50105/52676242

Listed below are links to weblogs that reference 岩手県奥州市の下水道汚泥から1キログラム当たり2300ベクレルの放射性ヨウ素(2011年8月25日採取分):

« 北九州市立光貞小学校の給食献立表(2011年9月分) | Main | 無駄な抵抗は止めて、子供もろとも被曝しなさい »