« 「汚染がれき処理法」は昨日(2011.08.26(金))成立/何故か本文は未公開 | Main | 無知な保護者の子供たちは政府に殺される/海外メディアやインターネットで自ら調べ考えよう »

Aug 27, 2011

メモ:放射性物質の食品健康影響評価に関する審議結果(案)についての御意見・情報の募集について

さきほど(15:20ごろ)、放射性物質の食品健康影響評価に関する審議結果(案)についての御意見・情報の募集について魚拓)(受付は本日17:00まで、あと1時間半)より下記の意見を送信した:

(意見ここから)

放射性物質の取り扱いは政府によって厳格に運用されています。たとえば、Cs-137で1Bq/g(=100Bq/kg)となっています。ある物質がこれに該当するかどうか、国による認定を受けなければなりません(クリアランスレベル)。ところが、現時点では500Bq/kgといった基準で食品の安全を守ろうとしています。全くナンセンスです。また、チェルノブイリ原発事故後に日本では食品輸入規制値として370Bq/kgが導入されていますが、これすら超えています。この食品輸入規制値は輸入食品を食べる割合が少なく国産の1/10だという前提で作られた数値ですので、常食する国産の食品に対しては370bq/kgの1/10の37Bq/kgにすべきです。私の個人ブログでも関連情報を掲載しています。ご参照ください。http://techpr.cocolog-nifty.com/nakamura/2011/08/37tohru_hirano-.html 以下文献です: 資料第110-3-3号ウラン取扱施設におけるクリアランスレベルについて平成22年11月16日文部科学省原子力安全課経済産業省原子力安全・保安院
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/housha/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2010/12/07/1299505_2.pdf

(意見ここまで)

|

« 「汚染がれき処理法」は昨日(2011.08.26(金))成立/何故か本文は未公開 | Main | 無知な保護者の子供たちは政府に殺される/海外メディアやインターネットで自ら調べ考えよう »

放射能対策」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メモ:放射性物質の食品健康影響評価に関する審議結果(案)についての御意見・情報の募集について:

« 「汚染がれき処理法」は昨日(2011.08.26(金))成立/何故か本文は未公開 | Main | 無知な保護者の子供たちは政府に殺される/海外メディアやインターネットで自ら調べ考えよう »