« がれき処理法案 参議院で可決・成立 | Main | 迫りくる放射能汚染がれきの全国拡散/政府も地方自治体も全く信用できない »

Aug 12, 2011

大文字のまきから放射性物質/京都市は16日の送り火で燃やすことを中止

こういうのが「逆転勝訴」ってやつだろうか。


以下NHKより:

(NHKここから)

大文字のまきから放射性物質
8月12日 15時22分
京都市によりますと、今月16日の「大文字の送り火」で燃やすため、11日、岩手県陸前高田市から届けられたまきから放射性物質が検出されたということです。
京都市が今後の対応を検討した結果、16日の送り火で燃やすことを中止したということです。
大文字のまきから放射性物質 NHKニュース魚拓

(NHKここまで)


※2011.08.12(金)17:20追記:
続報が入った。薪の表皮から Cs-134 : 542 Bq/kg、Cs-137 : 588 Bq/kg 、とのことだ。汚染レベルとしてはそれほど高くない。「今回だけ」の行事であれば「ただちに影響ない」レベルだと思う。しかし、大量の放射能汚染がれき処理が進められようとしている事を考えると、中止に追い込んだ意義は大きい。


以下、朝日新聞の報道:

(報道ここから)

送り火用被災松からセシウム 一転使用中止 京都市発表
 京都の「五山送り火」で、東日本大震災の津波になぎ倒された岩手県陸前高田市の松でできた薪(まき)を燃やす計画で、京都市は12日、市が取り寄せた薪500本について放射能検査をした結果、放射性セシウムが検出されたと発表した。市は記者会見で「科学的根拠に基づき、誠に残念だが断念せざるを得ない」と説明。16日の五山送り火で燃やすことを中止するという。
 市によると、薪の表皮から1キログラムあたりセシウム137が588ベクレル、セシウム134が542ベクレルの放射性セシウムがそれぞれ検出されたという。
 この問題では、放射能への不安の声が一部の市民から寄せられ、大文字保存会が被災松の受け入れをいったん中止。そこで市が別の薪を取り寄せ、大文字をはじめとする五山の各保存会が送り火で燃やすことを了承していた。
asahi.com(朝日新聞社):送り火用被災松からセシウム 一転使用中止 京都市発表 - 社会

(報道ここまで)


※2011.08.13(土)07:19追記:
関連報道が続々出ている。全ては紹介しないが、4件だけ取り上げよう。

いずれも、薪500本の表皮から検出されたCs-134、Cs-137を合計した平均で 1,130 Bq/kg とのことだ。

昨日報道された数値(Cs-134 : 542 Bq/kg、Cs-137 : 588 Bq/kg)を合計したら同じ数値なので、言っている事は同じだ。

読売は最初、昨日の夕方に報道していたものに「長期間、屋外に置かれていたためとみられるという。内部からは検出されなかった。」という一文を追加して深夜に差し替えている。

スポニチの報道はこれまでの経緯や今後の見通しも含めまとめられているので初めて事件を知った人には分かりやすいと思う。


以下、報道4件:

(報道ここから)

岩手の薪からセシウム、送り火で使用中止へ
 京都・五山の送り火で岩手・陸前高田市の薪を燃やす計画をめぐり、京都市が放射性物質の検査を行ったところ、表皮の部分から放射性セシウムが検出された。京都市は送り火での使用を中止するとしている。
 京都市は、12日午後3時から緊急の会見を開き、陸前高田市から届いた薪を検査したところ、表皮の部分から一キログラム当たり1130ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。薪の内部からは検出されなかったが、京都市は送り火での使用を中止するとしている。
 送り火をめぐっては、陸前高田市の松を、五山の一つ「大文字」で燃やす計画が一旦中止され、批判の声が相次いだことを受けて、11日、大文字を含む五山全てが別の薪500本を受け入れることを決めたばかりだった。
 薪から放射性物質が検出されたことについて、京都市・門川大作市長は「今回は、陸前高田から送っていただいた薪を使用することを断念せざるを得ません。誠に残念な結果であり、心からおわび申し上げたいと思います」と述べた。
 京都市は、全ての人の理解を得るのは難しいとして、陸前高田市から届いた薪については処分を検討するとしている。
< 2011年8月12日 17:30 >
岩手の薪からセシウム、送り火で使用中止へ 日テレNEWS24


陸前高田の薪からセシウム…京送り火で使用中止
 東日本大震災の津波に遭った岩手県陸前高田市の松で作った薪の使用について二転三転した16日の「京都五山送り火」について、京都市は12日、薪の表皮から放射性セシウムが検出されたため、使用を中止すると発表した。
 門川大作・京都市長は記者会見し、「薪から放射性物質が検出されないことが使用の前提だった。出た以上、断念せざるを得ない。陸前高田市をはじめ、被災地の皆様に悲しい思いをさせてしまい、心を痛めている」と謝罪した。
 市によると、薪500本を福井県坂井市のボランティア団体を通じて調達。検査会社に依頼して500本すべてについて調べたところ、表皮からセシウム134、同137を合わせて、平均1キロあたり1130ベクレルを検出した。長期間、屋外に置かれていたためとみられるという。内部からは検出されなかった。
(2011年8月12日21時02分 読売新聞)
陸前高田の薪からセシウム…京送り火で使用中止 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)


陸前高田の薪からセシウム…京送り火で使用中止
 東日本大震災の津波に遭った岩手県陸前高田市の松で作った薪(まき)の使用について二転三転した16日の「京都五山送り火」について、京都市は12日、薪の表皮から放射性セシウムが検出されたため、使用を中止すると発表した。
 門川大作・京都市長は記者会見し、「薪から放射性物質が検出されないことが使用の前提だった。出た以上、断念せざるを得ない。陸前高田市をはじめ、被災地の皆様に悲しい思いをさせてしまい、心を痛めている」と謝罪した。
 市によると、薪500本を福井県坂井市のボランティア団体を通じて調達。検査会社に依頼して500本すべてについて調べたところ、表皮からセシウム134、同137を合わせて、平均1キロあたり1130ベクレルを検出した。長期間、屋外に置かれていたためとみられるという。内部からは検出されなかった。
(2011年8月13日01時28分 読売新聞)
陸前高田の薪からセシウム…京送り火で使用中止 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)


京都「五山送り火」二転三転、薪の使用は結局断念!!
当初、 「五山送り火」として京都で燃やされるはずだった陸前高田の薪は、8日夜、地元で「迎え火」として燃やされた
Photo By 共同 
 16日に京都市で行われる「五山の送り火」に岩手県陸前高田市の松を使った薪(まき)を使う計画を中止した後、一転して受け入れを決めた京都市は12日、薪の使用を断念することを発表した。現地から取り寄せた薪から放射性セシウムが検出されたため。二転三転した対応に市は「被災者、市民にご心労をおかけした」と謝罪した。
 京都市によると、新たに取り寄せた陸前高田市の薪500本は11日にトラックで到着。民間の検査機関で表皮を少しずつ削って検査したところ、12日に1キログラム当たり1130ベクレルのセシウムが検出された。松の中心部分からは検出されていない。薪の放射性物質の安全基準値はないが、市ではセシウムが少量でも検出された場合は、中止することを当初から決めていたとしている。
 震災による津波で流された陸前高田市の松の薪を使う計画を知った市民から「放射能汚染が心配」「琵琶湖の水が飲めなくなる」などの声も寄せられたため、5つある保存会のうち「大文字保存会」(京都市)が薪の受け入れを取りやめたことで今月初旬に表面化。薪には「津波で死なせてごめん」「会いたい、会いたい」など遺族らの思いが書かれており、8日に陸前高田市で迎え火として燃やされた。このことがマスコミ各社で報じられると、翌9日には今度は京都府や市に「“いちげんさんお断り”のようで市民として恥ずかしい」「被災地の思いをくめないのか」「風評被害に加担するのは恥ずかしい」といった抗議が1000件以上殺到。11日までに五山すべてで陸前高田市から別の薪を新たに受け入れることにしていた。
 京都市は薪500本が五山の送り火で燃やされる全体の「ほんの一部」と説明し、処分方法について「今後専門家に意見を聴いて検討する」とした。門川大作京都市長は使用断念の理由について「放射性物質が検出されるかされないかが判断基準だった。断念せざるを得ないのは残念な結果であり、陸前高田市や被災地の皆さんに心からおわび申し上げる」と陳謝した。
 ▽五山送り火 京都市で毎年8月16日に行われる伝統行事で、盆に戻った故人の精霊を再び送り出し、無病息災を祈る。故人の名前を記した護摩木などを使い、京都市を囲む山で左と右の「大」と「妙法」の文字、船と鳥居の形をした5種類の炎を浮かび上がらせる。形ごとにある5つの保存会が市などの補助金を受けながら保存活動を続けている。
.[ 2011年8月13日 06:00 ]
京都「五山送り火」二転三転、薪の使用は結局断念!! ― スポニチ Sponichi Annex 社会

(報道ここから)

|

« がれき処理法案 参議院で可決・成立 | Main | 迫りくる放射能汚染がれきの全国拡散/政府も地方自治体も全く信用できない »

放射能対策」カテゴリの記事

Comments

結局燃やす事になったみたいです
放射性物質は検出されなかったのに…と民放で非難されて

不検出なわけないのに

Posted by: | Aug 12, 2011 03:52 PM

コメントありがとうございます。

ニュースの日時を良く見て下さい。

>8月12日 15時22分

30分ほど前のものですが、この30分間でまたひっくり返ったのでしょうか?!

なお、回答しづらいので、次回コメントされる時は名前欄に何かご記入ください。

Posted by: 中村友一 | Aug 12, 2011 03:55 PM

なんだ勝訴ってww
前回不検出で今回大騒ぎの後検出ってのもなんだか胡散臭いけどね。

Posted by: はぁ? | Aug 12, 2011 04:55 PM

はぁ? さん、コメントありがとうございます。

確かに二転三転して良く分からない状況ですね。

検査の詳細など続報があったので追記しました。ご覧ください。

Posted by: 中村友一 | Aug 12, 2011 05:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大文字のまきから放射性物質/京都市は16日の送り火で燃やすことを中止:

« がれき処理法案 参議院で可決・成立 | Main | 迫りくる放射能汚染がれきの全国拡散/政府も地方自治体も全く信用できない »