« 速報:「汚染がれき処理法」本文官報掲載/成立4日後にやっと全文を公開 | Main | 北九州市立光貞小学校学校長廣木雄司様/担任教諭様:学校給食における放射能対策に懸念があるため子供たち2人の登校を止めます »

Aug 30, 2011

水俣市出身の中年おばさん「同じ過ちは繰り返されるべきではありません」(某巨大匿名掲示板より)

某巨大匿名掲示板のレス(書き込み)より、興味深いものを紹介する。放射能対策と通じる危機管理の本質を語っている。

以下、当該レスを転載する。心して読んで欲しい:


(転載ここから)

989 :名無しの心子知らず:2011/08/30(火) 14:24:53.92 ID:X/VVs7hG
私は水俣市出身の中年おばさんです。
私の経験を伊奈様に聞いていただきたくて投稿します。
有機水銀に海産物が汚染された有名な水俣病ですが、汚染が騒がれていた時に
周辺住民は『魚が食べられなければ食べるものがなくなる、企業も国も安全と
行っているのだから心配はない』と言って食べ続けました。
2ヶ月後、まずは飼い猫や犬に異常が出始めます、当時はキャットフードやドッグ
フードなど無いので魚の余り等を多くやる世帯が多かったのですが、犬や猫が突然
死んでしまったり痙攣をおこして歩けなくなる以上が出始めました。
そのあと人間にも同じような言語障害、歩行困難、知的障害が発生しはじめて魚介類が
汚染されている事実を突きつけられたのです。
当時の世間も『何を大げさな、国や町が安全と言っているのだから平気だ』と心配を
嘲笑うような人が多かったのも記憶に残ります。
我が家は幸い私と母親が魚のアレルギーを持っていたため、一切魚を食べなかったので
事なきを得ましたが、同級生が何人も亡くなりました。
スポーツ万能なクラス委員の男の子は脳性麻痺で床の上を転げていましたし、学校の
先生も目をむいて叫んでいる姿をお見舞いに行った私の脳裏に今でも焼き付いています。
その光景は亡くなった方に失礼かと思いますが、余りにも凄くて恐怖を覚えました。
母親は私に病院の見舞いには来るなと言いましたが、私が無理を言って病院に行ったのです。
小さな地域の大病院でしたので近所の知り合いの変わり果てた姿を数多く見てきた悲しみは
今でも忘れません。
水銀中毒になったある友人の母親は駅のホームから身を投げて亡くなりました。
自分が作った食事が原因で夫と子供が中毒になった事を悔いていたそうです。
こんな悲しみが繰り返されていいはずがありません。放射能によって自分の夫や子供が亡くなる
様な事になれば残されたものは必ず自分を責め、生涯にわたって後悔します。
後悔しないためにも弐度と同じ過ちは繰り返されるべきではありません。
みなさん、どうか気付いてください。過去の過ちを繰り返さないためにも…

(転載ここまで)

出典:
【原発】 放射能汚染対策 34 【新米出たよ】魚拓

参考:
水俣病 - Wikipedia


※2011.09.05(月)10:55追記:
ふみたけ氏(@Fumitake_A)がツイッター上で上記の書き込みに対する検証を行っている。公正を期すため、以下に関連すると思われるツイートを列挙し紹介する:

(ツイートここから)

色々突っ込めるけど今はやめとこ。 http://t.co/VTxL8ix
2011.09.03 19:59

水俣病について真っ当な話を知りたいならこの人は鉄板ということ原田正純氏の講演内容を紹介 http://t.co/jv541N7
2011.09.03 20:00

水俣病に関する真っ当な文献読んでいたら、おかしな記述にはすぐ気付く。安易に引用する人はご都合主義だとつくづく呆れるけど今は静観しよう。
2011.09.03 20:04

熊本だと「わさもん」と呼ばれる人達がいますが、決してポケモンの親戚ではありません。 http://t.co/CYOi4Dj
2011.09.03 20:24

「脳性麻痺で床の上を転げていました」「先生も目をむいて叫んでいる姿」は水俣病の劇症患者に見られる症状だけど、これが報告されてる地域を知ってれば変だと感づく。http://t.co/bpCXTjA
2011.09.03 20:30

劇症患者が発生した地域は湯堂・月浦などの漁村、さらにこの地域は当時文字通り漁業で生計を立てていた地域で文献などで見られる「ドンブリ一杯の魚」を日々平らげていたような人達がいたからこそ摂取量が増えてしまった事情がある。
2011.09.03 20:32

あと「私は水俣市出身の中年おばさんです。 」という名乗りを見ると生まれたのは大体昭和30年~以降。その頃は既に水俣湾内の諸症状が認知されたので薄々気付いていた人達は地域産の魚を回避していたという話もある。http://t.co/RqwkBzL
2011.09.03 20:40

『魚が食べられなければ食べるものがなくなる、企業も国も安全と行っているのだから心配はない』←この話が出たのは漁業で生計を立てていた魚民の話というのは文献を知ってる人は感づく、ただしそれまでも漁業被害がたびたび頻発しており漁民はそのつどお金を貰ってるんだどね。
2011.09.03 20:44

決定的に怪しいのは「小さな地域の大病院でしたので近所の知り合いの変わり果てた姿を数多く見てきた悲しみは今でも忘れません。」という下り。当時の水俣は牛深や近隣から買出しが来るほどの街でしたが。(苦笑)
2011.09.03 20:48

今でこそ3万割ったけど、水俣市はチッソ最盛期には5万の人口を抱えた時期もあります。http://t.co/Yeh2J9J
2011.09.03 20:52

私なりの結論、発言が投稿されたスレの性質を見る限り煽り目的でしょう。ただ東電とチッソ、さらに福島(城下町と言う意味では双葉町)と水俣を比べるのは無理があり過ぎる。
2011.09.03 20:57

当時の水俣については石牟礼道子さんの本や「伝聞水俣民衆史」。さらには水俣市が出した市史等で紹介されています。 http://t.co/nbaEUhi
2011.09.03 21:00

【これだけ中村のツイート】
@Fumitake_A 具体的な内容に関する異論・反論は歓迎いたします。「今はやめとこ」とのことですが、このTL自体すでに突っ込んでいらっしゃるのですから、具体的な指摘をいただけると幸いです。
2011.09.04 07:11

与えられた情報を疑いもしないでホイホイありがたがる人に語る気はないよ。 RT 具体的な内容に関する異論・反論は歓迎いたします。
2011.09.04 07:47

というかもう書いた。以上。
2011.09.04 07:48

(ツイートここまで)

○ツイートで出てきた参照先リストを列挙する:
市民のための環境公開講座
「わさもん(早生者)」(熊本弁 - Wikipedia)
昭和31年から昭和35年 - 熊本県庁
・・http://202.252.170.6/research/staff/kado/minamata.pdf(PDF、71KB、外部リンク→国立大学法人北海道教育大学旭川校ホームページ)

○中村コメント:
・ご指摘の「結論」にも一部言及されているが、某巨大匿名掲示板は真実性がどうか確認できない場合がある。
・私は水俣病と言えば漫画「ブラック・ジャック」を思い出す程度の知識レベルであったが、今回のご指摘を受けて少しだけ水俣病について勉強する事が出来た。ご指摘に感謝する。
※参考:ブラック・ジャックと公害病 漫棚通信ブログ版
・上記のふみたけ氏(@Fumitake_A)の検証を参考に独自の検証を行いたい。
・独自の検証は整理がついた段階で別途の記事として掲載したい。

※参考:
ふみたけ氏(@Fumitake_A)にご指摘いただいた原田正純氏に関連するビデオがあったので以下に紹介する:

http://www.youtube.com/watch?v=QCtZjWARf54
水俣病と生きる1-6 医師・原田正純の50年 ドキュメンタリー番組

http://www.youtube.com/watch?v=PVk_LcRMJyE
水俣病と生きる2-6 医師・原田正純の50年 ドキュメンタリー番組

http://www.youtube.com/watch?v=5ieICVr0oi4
水俣病と生きる3-6 医師・原田正純の50年 ドキュメンタリー番組

http://www.youtube.com/watch?v=1AmGpRHe36g
水俣病と生きる4-6 医師・原田正純の50年 ドキュメンタリー番組

http://www.youtube.com/watch?v=MeGu5mq8ss4
水俣病と生きる5-6 医師・原田正純の50年 ドキュメンタリー番組

http://www.youtube.com/watch?v=KXXL32qvyjA
水俣病と生きる6-6 医師・原田正純の50年 ドキュメンタリー番組

※2011.12.06(火)03:10追記:
下記の関連記事を掲載した:
「水俣病に関する熊本日日新聞のコピペ」について熊本県立図書館からいただいた回答

|

« 速報:「汚染がれき処理法」本文官報掲載/成立4日後にやっと全文を公開 | Main | 北九州市立光貞小学校学校長廣木雄司様/担任教諭様:学校給食における放射能対策に懸念があるため子供たち2人の登校を止めます »

放射能対策」カテゴリの記事

Comments

@Fumitake_A
「与えられた情報を疑いもしないでホイホイありがたがる人に語る気はないよ。」ドヤァ

@kumikokatase
サッカーの永井選手の怪我についてのデマ情報が流れているみたいです。試合後すぐに怪我の詳細までは分からないですよね。
ふみたけ・脱なめこに一票さんがリツイート

@Fumitake_A
ということで私も該当RT消します。

@Fumitake_A
皆様裏取りが怪しいつぶやきRTしてすいませんでした。(陳謝)

Posted by: | Aug 04, 2012 11:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 水俣市出身の中年おばさん「同じ過ちは繰り返されるべきではありません」(某巨大匿名掲示板より):

« 速報:「汚染がれき処理法」本文官報掲載/成立4日後にやっと全文を公開 | Main | 北九州市立光貞小学校学校長廣木雄司様/担任教諭様:学校給食における放射能対策に懸念があるため子供たち2人の登校を止めます »