« 大文字のまきから放射性物質/京都市は16日の送り火で燃やすことを中止 | Main | 「放射線の被曝基準の規制緩和を提案する」(池田信夫) »

Aug 13, 2011

迫りくる放射能汚染がれきの全国拡散/政府も地方自治体も全く信用できない

放射能汚染がれきの全国拡散(意図的な流通)は順調に進むだろう。放射能対策に関しては政府も地方自治体も全く信用できない

かかる事態の根本は、大変残念だが、「そんなバカな」と未だに政府や地方自治体を信じている人が大勢いるところにある

もう拡散を止める事は出来ないと思う。すでに「拡散するかどうか」という問題ではない「いつ・どこに拡散するか」という時期と地域だけの問題だ。

少しでも引き延ばし、時間を稼ぎ、被害を減らすという努力なら、まだいくらかできるかもしれない。私がこのブログでひたすら情報分析と情報発信を続けているのは、その一縷の希望があるからだ。

どうすればいいのか、本当にできるのかどうか、私には分からない。この問題は想像を絶するほど長期間に及ぶだろう。おそらく私の子供たちや孫の代では解決しない。

個人に出来る事には限界がある。しかし、出来る範囲の事を地道に続けて行きたいと思う。


以下、関連報道2件と関連記事:


(報道ここから)

細野大臣“最終処分は福島県外で”
8月13日 12時12分
細野原発事故担当大臣は、福島市で記者団に対し、放射性物質を帯びたがれきなどについて、一時的に福島県内の市町村で保管することになるものの、最終処分の場所は福島県外とする方向で検討したいという考えを示しました。
この中で細野原発事故担当大臣は、「数多くの課題があるなかでも、がれきの処理と除染に伴って出てくる新たな廃棄物の処理の問題が一番深刻だ。当面の方針としては、市町村ごとに仮置きをお願いできないかと考えており、その取り組みについては、政府としてきちんとバックアップしたい」と述べました。そのうえで、細野大臣は、「その先、中間貯蔵や最終処分については、政府として考え方を整理しており、いましばらく時間がかかる。ただ、福島を廃棄物の最終処分場にすべきではないと考えており、少なくとも私が関わっているかぎり、政府が責任を持って処理を行いたい」と述べ、放射性物質を帯びたがれきなどの最終処分の場所は、福島県外とする方向で検討したいという考えを示しました。
細野大臣“最終処分は福島県外で” NHKニュース魚拓


放射性焼却灰公表せず埋設
東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、放射性物質が検出された汚泥などを焼却処分した灰を浜松市が一般に公表しないまま最終処分場に埋め立てていたことがわかりました。国は公表するよう通知しており、市は11日夜記者会見し、「解釈を誤って公表していなかった」と述べました。
浜松市では市内の下水処理施設から出た汚泥の一部を一般のごみの処分施設で焼却していますが、市によりますと先月19日、この処分施設で汚泥などを焼却した後に出た灰について国の指示に基づいて放射性物質の検査をしたところ、1キロあたり282ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。
国が6月にまとめた方針では1キロあたり8000ベクレル以下の汚泥などは埋め立て処分できるとしていますが国土交通省は放射性物質が検出されたものを埋め立て処分する場合は一般に公表するよう通知していました。
しかし、浜松市はこの灰を埋め立て処分することを公表しないまま浜松市西区にある最終処分場に埋め立てていたことがわかりました。また、浜松市によりますと1日あたり10トンから40トンの灰が出ているということですが、7月19日のあとは放射性物質の検査をせずに埋め立て処分しているということです。
浜松市は11日夜、記者会見を開き「本来、公表が必要だが通知の解釈を誤ってしまって公表していなかった」と述べ、今後、ホームページで市民にも公表していく方針を示しました。
また、市は埋め立て処分場で放射性物質の検査を行う方向で検討することにしています。
08月13日 12時32分
放射性焼却灰公表せず埋設 - NHK静岡県のニュース魚拓

(報道ここまで)


関連記事:

放射性セシウムが検出された千葉県流山市の焼却灰を北九州市のリサイクル施設がすでに受け入れ
北九州市が流山市から受け入れた焼却灰に含まれる放射性物質の98.8%は流出済みと推定/関門海峡は「死の海」、戸畑の空は「死の空」か
山口県の対応を問い合わせ:北九州市の汚染焼却灰から放射性物質が流失した事件で(ブログ読者から頂いたメールより)

環境省が新法制定か/国が瓦礫・汚泥処理に動き出した
九州全域で深刻な放射能汚染が発生する懸念/@musihokori 氏による「がれき処理施設MAP」より
韓国からの反響:放射能汚染がれき処理問題
どうやって止めるか、九州全域への甚大な放射能汚染/明日2011年8月11日(木)「がれき処理法案」が衆議院を通過予定
がれき処理法案 衆議院を通過
がれき処理法案 参議院で可決・成立
北九州市ががれき受け入れを検討中の釜石市に隣接する陸前高田市のがれきから1キログラム当たり1480ベクレルの放射性セシウムを検出

放射性物質の拡散(意図的な流通)を止めなければ全国が惨状に見舞われる/キエフ病院の子供たち 2011 - 原発事故のもたらしたもの

|

« 大文字のまきから放射性物質/京都市は16日の送り火で燃やすことを中止 | Main | 「放射線の被曝基準の規制緩和を提案する」(池田信夫) »

放射能対策」カテゴリの記事

Comments

>細野大臣“最終処分は福島県外で”
問題を一気に回答不能にする発言ですね。

①福島県は自分のところで出た廃棄物を処理しない。
②福島県が処理しないなら隣の県も処理しないだろう。処理するいわれがない。
③隣の県が処理しないなら、その隣の県も処理しないだろう。処理するいわれがない。
・・・以下続く。

Posted by: 十五夜 | Aug 13, 2011 07:07 PM

中村さん、こんばんは。
先日うきは市の武田先生の講演会でお見かけしました。

瓦礫や肥料の受け入れ拒否の為に、現時点で出来る事は何だと思われますか?

盆明けに田川市長と新聞社と交流ある方とお話出来る事になり、市長に陳情したり新聞社にその様子を取材して貰って地域欄に掲載して貰ったり出来ないかと考えています。
間に合うと良いのですが。

署名はネット署名の方が早く集まるでしょうか。
初めて活動する為、何もかもが手探りです。

何かお知恵があれば、貸して頂けませんでしょうか。

私が若松の事情を知っていれば即お伝えしたいところです!

Posted by: 光雲 | Aug 13, 2011 09:19 PM

十五夜 さん、コメントありがとうございます。

北九州市は釜石市のがれき処理を引き受けます。一箇所で受入れが始まれば雪崩のように全国に拡散します。残念ながら放射能対策と言う点では北九州市は京都市に負けています。

Posted by: 中村友一 | Aug 13, 2011 10:21 PM

光雲 さん、コメントありがとうございます。

同様の相談を多数の方からメールや電話で頂いています。みなさんが進めているのは関係各所への問い合わせ、署名活動、要望書の提出、ブログやツイッターによる情報発信などです。

さらに詳細な話はコメント欄では難しいと思いますのでご希望でしたらメール(t-naka@techpr.jp)等で個別にご連絡ください。

Posted by: 中村友一 | Aug 13, 2011 10:33 PM

中村さん、ご返答ありがとうございました。

沢山の方から問い合わせが来ているのですね!
全国で次々と拒否運動が展開される事を祈ります。

先程メールをお送り致しましたので、お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認宜しくお願い致します。

Posted by: 光雲 | Aug 14, 2011 12:05 AM

光雲 さん、メールありがとうございます。

ご返信は別途メールにて送信させていただきます。

Posted by: 中村友一 | Aug 14, 2011 09:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 迫りくる放射能汚染がれきの全国拡散/政府も地方自治体も全く信用できない:

« 大文字のまきから放射性物質/京都市は16日の送り火で燃やすことを中止 | Main | 「放射線の被曝基準の規制緩和を提案する」(池田信夫) »