« まだ東日本で「がんばろう」とお考えの皆様、子供たちだけでも避難できませんか? | Main | 部落解放同盟各都府県連合会の皆様へ(公開質問状:放射能汚染がれき拡散に反対します) »

Aug 16, 2011

メモ:「赤熱した石炭を食べて体内に取り込もうとすれば、どうなるでしょうか?私はすぐに死んでしまいます。それが、外部被曝と内部被曝の危険度の違いです。」(クリス・バズピー博士)

前後を含め抜粋しておこう:

(抜粋ここから)

外部被曝と内部被曝の違いは、こうイメージしてください。石炭がくべられている暖炉の前に私が座ると、身体を温めることができます。しかし、その赤熱した石炭を食べて体内に取り込もうとすれば、どうなるでしょうか?私はすぐに死んでしまいます。それが、外部被曝と内部被曝の危険度の違いです。

出典:
クリス・バズビー インタビュー by 大野和基

(抜粋ここまで)

今までモヤモヤしていた外部被曝と内部被曝の違いを分かりやすく表現している。

関連記事:
「放射線の被曝基準の規制緩和を提案する」(池田信夫)

※2011.08.17(水)16:36追記:
関連記事を1件忘れていたので追加:
メモ:内部被曝はなぜ恐ろしいか(YouTubeビデオ)

|

« まだ東日本で「がんばろう」とお考えの皆様、子供たちだけでも避難できませんか? | Main | 部落解放同盟各都府県連合会の皆様へ(公開質問状:放射能汚染がれき拡散に反対します) »

放射能対策」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メモ:「赤熱した石炭を食べて体内に取り込もうとすれば、どうなるでしょうか?私はすぐに死んでしまいます。それが、外部被曝と内部被曝の危険度の違いです。」(クリス・バズピー博士):

« まだ東日本で「がんばろう」とお考えの皆様、子供たちだけでも避難できませんか? | Main | 部落解放同盟各都府県連合会の皆様へ(公開質問状:放射能汚染がれき拡散に反対します) »