« 「国民に安全という言葉だけを植えつけようとしている」(某巨大掲示板より) | Main | 【今月は2回目】「緊急自然災害@超臨時」が停止中(2011年8月)/巨大匿名掲示板「2ちゃんねる」がサーバ攻撃を受けている »

Aug 25, 2011

メモ:国産で37ベクレル以上の食品は食べるな(@TOHRU_HIRANO)

政府・厚生労働省が運用している「放射能汚染された食品の取り扱いについて」(PDF、133KB)(いわゆる暫定基準値:放射性セシウムは野菜類、穀類、肉・卵・魚・その他で500Bq/kgなど)には批判が多く問題になっている。原発事故の終息が見えず、それどころか放射能汚染拡大(意図的な流通)が相当長期に渡って継続しそうな状況なのに、「緊急時」(事態が短期間で収束するので餓死するくらいなら食べても良いだろう)が前提のままだからだ。

平野透氏(デザインオフィスH.S.O代表)による8/23(火)のツイッター発言はその回答として非常に分かりやすい。冒頭の画像はそのツイッター発言の画面キャプチャ。


以下、その平野透氏のツイッター発言:

(発言ここから)

@TOHRU_HIRANO
平野 透:デザインオフィスH.S.O代表
チェルノブイリの時に作られた「日本への食品輸入規制値は370ベクレル」この数値は、輸入食品を食べる割合が少なく、国産の1/10だという前提で作られた数値。つまり国産で37ベクレル以上の食品は食べるな。ということでしょ。今の日本の基準は何ベクレルなんですか。 #hibaku
8月23日 webから

(発言ここまで)


※2011.08.28(日)21:36追記:
この記事のコメント欄に投稿されたtaka さんのコメントで「輸入食品比率は35%」とご指摘いただいたため調べてみたが、「ヨーロッパ地域から輸入された食品の全食品に対する割合は3.9%」(下記参照)という1ケタ少ないデータはあったが、「35%という信頼できる出典は現在までに確認できなった

本件について詳細をご存知の方はおお知らせいただきたい。

参照データ:
わが国は、ICRPPubl.26、1985年のパリ声明で提示された「公衆の主たる線量等量限度を1mSv/年(100mrem/年)とする」を国内法に取り入れている。暫定限度施行後の約1年間のヨーロッパ地域から輸入された食品の全食品に対する割合は3.9%、1年間摂取し続けた場合の実効線量当量が0.04mSv、これは日常食の放射能調査による実態よりかなり少なく、新しい国内法の下でも問題ないとされている。
出典:
・「食品を通じた放射線の健康影響」(PDF、5.5MB)の43ページより。
独立行政法人農研機構食品総合研究所ホームページ掲載)


※2011.08.30(火)05:50追記:
「輸入食品比率は35%」についてtaka さんの新たなコメントで信憑性の高い出典が提示された(下記に参照データ)。関連しそうな記述を3か所抜粋しよう:

・公衆の個人の放射線の防護のためには、医療被ばくおよび通常のレベルの自然放射線被ばくを除くすべての被ばく源からの線量の合計値が、線量限度(5mSv/年、1986年現在)を十分下回るよう制限されなければならない。
・公衆の個人に対する線量限度を被ばく源によって配分することとした。すなわち、線量限度の1/3を特別な事態に対処するために配分することとし、輸入食品からの被ばく限度をこれにあてることにした。」
・1人一日あたり食品摂取量のうち35%が汚染食品であると仮定した。

これに基づき計算すると、国産の割合は65%(=100%-35%)ということであり、輸入食品の割合は国産の53.8%(=35/65)ということになり、「国産の1/10」より5倍以上大きい割合になる。

本件についてはツイッター発信者(平野透氏)に出典を照会中であるが、引き続き他のデータ等の確認を行った上で、近日中に再度状況を追記したい。


参照データ:
2.暫定限度の設定のための前提
 検討会としては、将来国内法が改訂されることも考慮しながら、当時の国内法(1986年現在)などに基づいて暫定限度を検討することにした。
 公衆の個人の放射線の防護のためには、医療被ばくおよび通常のレベルの自然放射線被ばくを除くすべての被ばく源からの線量の合計値が、線量限度(5mSv/年、1986年現在)を十分下回るよう制限されなければならない。そこで検討会では、公衆の個人に対する線量限度を被ばく源によって配分することとした。すなわち、線量限度の1/3を特別な事態に対処するために配分することとし、輸入食品からの被ばく限度をこれにあてることにした。
 また、食品中の放射性核種の組成比は、被ばく線量を予測する重要なファクターの一つであるが、食品中の137Csと134Csとの比は、わが国において検出された降下物中のそれと同じであると仮定した。そして、この仮定にしたがい、それぞれの放射性核種の被ばく線量への寄与を計算した結果、食品中に予測される全放射性核種(天然放射性核種を除く)による被ばく線量のうち、134Csと137Csの寄与は約66%、および90Srの寄与は33%、他の放射性核種による寄与は1%以下と推定された。
 さらに、汚染食品をどれぐらい摂取するかという問題であるが、1人1日あたりの食品摂取量のうち輸入食品の占める割合は35%であり、そのうちヨーロッパ地域からの食品輸入は、5%程度である。しかし、検討会では、すべての国からの食品が放射性核種で汚染していると仮定した。すなわち、1人一日あたり食品摂取量のうち35%が汚染食品であると仮定した。
出典:
輸入食品中の放射能の濃度限度 (09-01-04-07) - ATOMICA -
(財)高度情報科学技術研究機構ホームページ「原子力百科事典 ATOMICA」より)

※2012.02.09(木)04:00追記:
海外の事例だが「食品の10%が汚染されていると仮定した時の規制値」「市場希釈率 f=0.1の場合」と言及された記事があったので下記に紹介しておく:
毎日新聞小島記者の「食品規制」提灯記事を読む:イザ!

|

« 「国民に安全という言葉だけを植えつけようとしている」(某巨大掲示板より) | Main | 【今月は2回目】「緊急自然災害@超臨時」が停止中(2011年8月)/巨大匿名掲示板「2ちゃんねる」がサーバ攻撃を受けている »

放射能対策」カテゴリの記事

Comments

全くのデマ。
輸入食品比率は35%でその全てが均一に汚染されていると仮定しての許容値が421ベクレル。そして海外の基準と合わせてより厳しい370に設定した筈。「国産500は輸入370よりも高いじゃないか!」って意見もあるが、これは食品を分けて考えたから。飲料水や乳製品は200と逆に低い。
そんな素人がわかるレベルの間違いしないって。
この基準にどんな文句を言ったところで、誰も科学的にこの基準が間違っていると言えないんだから無駄だね。

Posted by: taka | Aug 28, 2011 08:29 PM

taka さん、コメントありがとうございます。

ご指摘の件、記事末尾の追記にて紹介させていただきました通り、「ヨーロッパ地域から輸入された食品の全食品に対する割合は3.9%」というデータはありましたが、taka さんのご指摘になった「輸入食品比率は35%」というデータは残念ながら個人ブログ以外に見当たりませんでした。ご指摘のデータについて信頼できる出典をご教授いただけましたら幸いです。

Posted by: 中村友一 | Aug 28, 2011 09:44 PM

理想は厚生省(当時)の根拠だったんだけど、昔の話だからネット上に掲載されてなさそう・・・
とりあえずツイッターよりはましな根拠を

原子力百科事典より
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-01-04-07

ちなみに食品と汚染物質に関する本には高確率で掲載されてます。

Posted by: taka | Aug 30, 2011 01:42 AM

taka さん、再度のコメントおよび情報提供ありがとうございます。

ご指摘を元に記事末尾の追記にてデータを検討しましたのでご参照ください。

本件についてはツイッター発信者(平野透氏)に出典を照会中であることから、引き続き他の情報も確認した上で、近日中に改めて状況をお知らせしたいと思います。

Posted by: 中村友一 | Aug 30, 2011 06:00 AM

間違えの可能性があれば即座に対応する。素晴らしいです。最近多い出典の薄い危険情報のみ収集して周囲にデマを撒き散らかす輩と同じに考えてしまい申し訳有りませんでした。
ちなみにこの他にもよく陥りやすい罠は、暫定規制値がセシウムに関しては汚染食品が50%の割合で流通していると想定して設定されているという点です。つまりセシウムの場合、暫定規制値ギリギリの食品を5割食べても(5割が汚染されていなければとりあえず1年は)生涯影響がないと考えられる量で設定されているということです。今後100%で計算されたら?となるでしょうから参考まで。
http://www.journalarchive.jst.go.jp/jnlpdf.php?cdjournal=jhps1966&cdvol=35&noissue=4&startpage=449&lang=ja&from=jnlabstract

 また勿論内部被爆も計算に入れ、大人で50年、子どもで70年間に浴びる放射線量を1年で浴びる想定で基準を作っています。
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/food2/Yougo/yotaku.html

 もちろん少しでも汚染が少ない方が良いのは間違いないので、今後規制値が下がることを望みますが、現在の暫定規制値が出鱈目ではないということは確かだと思います(福島問題が起こる前に設定された数値ですし)。さらに食べる量から計算すると乳・乳製品以外は乳幼児よりも大人の方が許容値が低いというのも少し安心できる情報だと思います(肉のセシウムの場合、幼児を基準に考えれば4000ベクレルの基準になっても良いくらい)。
 それでは調子に乗ってしまい長々と失礼しました。

Posted by: taka | Aug 31, 2011 12:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メモ:国産で37ベクレル以上の食品は食べるな(@TOHRU_HIRANO):

« 「国民に安全という言葉だけを植えつけようとしている」(某巨大掲示板より) | Main | 【今月は2回目】「緊急自然災害@超臨時」が停止中(2011年8月)/巨大匿名掲示板「2ちゃんねる」がサーバ攻撃を受けている »