« 線量計というより単なる放射線警報装置/JAXA(宇宙航空研究開発機構)が家庭向け線量計を2万円で発売 | Main | 北九州市内在住の小学校4年生の長女が鼻血・2回目(2011.08.02(火)夜) »

Aug 02, 2011

毎時10Svは42分間の被曝でLD100(全員死亡=7Sv)に到達

昨日(8/1)報道された毎時10Sv(10Sv/h)という放射線量率は計算すると42分間の被曝でLD100(全員死亡=7Sv)に到達する数値だった。ただちに健康に影響を及ぼす、どころではなく、ただちに生命に危険を及ぼすレベルだ。

以下、報道資料:


(報道ここから)

過去最高線量の放射線検出…1、2号機主排気筒
 東京電力は1日、福島第一原子力発電所の1、2号機原子炉建屋近くにある主排気筒の下部の配管表面で、これまでで最高の1時間当たり10シーベルト(1万ミリ・シーベルト)以上の放射線を検出したと発表した。
 付近での作業予定はないが、東電は半径3メートル以内を立ち入り禁止にした。これまでは1号機原子炉建屋内部で検出した毎時4シーベルト(4000ミリ・シーベルト)が最高だった。
 毎時10シーベルトの放射線を6分間浴びると、吐き気などの急性症状が出る1シーベルトの被曝(ひばく)線量に達する。
 これまで主排気筒付近では復旧作業が行われてこなかったが、7月31日に離れた場所のガンマ線を検出するカメラを使って作業員が周辺を確認中、高い線量を出す場所を発見。1日に地面近くを通る配管の表面の放射線量を測定して判明した。測定した3人の被曝線量は最高4ミリ・シーベルトだった。
(2011年8月1日20時42分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110801-OYT1T00924.htm

(報道ここまで)

|

« 線量計というより単なる放射線警報装置/JAXA(宇宙航空研究開発機構)が家庭向け線量計を2万円で発売 | Main | 北九州市内在住の小学校4年生の長女が鼻血・2回目(2011.08.02(火)夜) »

放射能対策」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50105/52370842

Listed below are links to weblogs that reference 毎時10Svは42分間の被曝でLD100(全員死亡=7Sv)に到達:

« 線量計というより単なる放射線警報装置/JAXA(宇宙航空研究開発機構)が家庭向け線量計を2万円で発売 | Main | 北九州市内在住の小学校4年生の長女が鼻血・2回目(2011.08.02(火)夜) »