« 環境省が新法制定か/国が瓦礫・汚泥処理に動き出した | Main | 2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦(YouTubeより) »

Jul 28, 2011

小松左京さん死去

小松左京の小説やその映画化作品には多大なる影響を受けた。駄作も多かったが、それも含めて巨匠だった。

合掌。


以下、時事通信:

(時事通信ここから)

小松左京さん死去=80歳、「日本沈没」など壮大なSF小説
 「日本沈没」など壮大なスケールのSF小説で知られ、1970年の日本万国博覧会(大阪万博)のプロデューサーなども務めた作家、小松左京(こまつ・さきょう、本名実=みのる)さんが26日午後4時36分、肺炎のため死去した。80歳だった。大阪市出身。葬儀は済ませた。
 京大文学部卒。経済誌記者や漫才台本作家などを経て、1962年、「SFマガジン」に「易仙逃里記」が掲載されデビューした。9年がかりで執筆した近未来SF「日本沈没」を73年に発表。地殻変動で危機に直面する日本の運命をリアルに描き、日本推理作家協会賞を受賞。400万部の大ベストセラーとなり、人気作家となる。
 同作は映画化、テレビドラマ化され、一大センセーションを巻き起こした。2006年には33年ぶりに作家谷甲州氏との共著で「第二部」を発表、健在ぶりを示した。
 他に「地には平和を」「日本アパッチ族」「復活の日」「さよならジュピター」「首都喪失」(日本SF大賞)など。
 プロデューサーとしての手腕も発揮。大阪万博や85年の国際科学技術博覧会(つくば博)、90年の「国際花と緑の博覧会」などに関わった。 (2011/07/28-15:44)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011072800563

(時事通信ここまで)

※2011.07.29(金)19:24追記:
易仙逃里記」の読み方が分からず検索される方が多いようだが、読みは「えきせんとりき」だ。

「易仙逃里記」は下記に収録されている模様(アマゾン):

|

« 環境省が新法制定か/国が瓦礫・汚泥処理に動き出した | Main | 2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦(YouTubeより) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小松左京さん死去:

« 環境省が新法制定か/国が瓦礫・汚泥処理に動き出した | Main | 2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦(YouTubeより) »