« リンガーハットの主要野菜の原産地紹介 | Main | 医療情報技師能力検定試験過去問題・解答集 2011(南江堂) »

May 19, 2011

「RADEX RD1503」の販売事業者(ナノセンス・インフォメーション)の紹介と公開質問

「RADEX RD1503」の販売事業者(ナノセンス・インフォメーション)について、本日未明、先月の記事のコメント欄に「放射線測定器販売者」さんから情報提供があった。

「RADEX RD1503」はアマゾンによる販売(下記)で現時点(5/19朝)の最低価格が98,000円であるのに対し、この事業者では53,000円(大量購入時の最安条件で1個25,300円)となっており、これが事実であれば社会的なインパクトが大きい。

以下、これについて簡単に紹介するとともに、事業者に対して公開質問を提示する。本来なら個別メールにて問合せても良いが、ブログ関連記事にキーワード検索から連日多数のアクセス(数百件~数千件程度)があるなど社会的な関心が非常に高い案件であるため、公開質問とした。

○事業者情報(公式HP「弊社について」より抜粋):
・屋号:ナノセンス・インフォメーション
・事業者:渡辺 晋也
・所在地:〒631-0823 奈良県奈良市西大寺国見町1-7-20
・電話:050-5532-3257
・電子メール:info@nanosense.info

○「RADEX RD1503」販売情報(公式HP「料金・ご購入方法」より抜粋):
※2011.05.19(木)朝の情報
・1個購入時の1個当たり価格52,000円(5月18日までに注文、5月28日頃の発送枠)→最高値
・200個購入時の1個当たり価格25,300円(6月8日までに注文、6月18日頃の発送枠)→最安値

(以下、ナノセンス・インフォメーションさんへの公開質問)

公開質問:

(1)「料金・ご購入方法」には送料その他の手数料について記載が無いが、表記されている価格の他に発生する費用はいくらぐらいになるか。
※参考:特定商取引法Q&A経済産業省ホームページ)

(2)「RD1503 仕様と保証」には「英語版」(メニュー画面の表示言語が英語)となっているが、4月の報道では、
 「5月末までに
 「日本語版」(画面に日本語でメニューが表示される)
 価格は「2万円前後
 「60万個程度
で発売の予定となっている。これとの関係はどうなっているのか。

(3)前回(4/11)の記者発表から1ヶ月以上経過している。一方、ジャーナリスの取材メモによると「総販売台数とその予定」について、「決まり次第もう一回会見を開く」「2~3週間以内には発表し、早急に販売できると考えている」とされている。これらについて、現状で何か情報は無いか。また、ナノセンス社(フランス)が責任ある事業者ならば、これらの事実関係について何らかの公式情報を出すべきだと思われるが、個別の問い合わせにも応答なく公式発表も無い。これについてどう考えるか。

以上

(公開質問ここまで)

※経緯をご存じ無い方は下記の関連記事を(コメント欄も含めて)ご覧ください:
仏企業、放射線計測器を日本で発売 価格は2万円未満(日本経済新聞 電子版)
仏企業が日本向け放射線測定器を販売へ(テレ朝ニュース)
ナノセンス社(フランス)会社情報
Inquiry for Japanese Sales of NanoSense RADEX RD1503(1週間前4/30にナノセンス社に英文メール問い合わせ→未だ応答無し)
放射線計測器を2万円未満で発売すると報道された仏企業ナノセンス社の謎(公式ホームページがドメインごと消失ほか)

※2011.05.19(木)11:40追記:
先ほど確認したところ「料金・ご購入方法」にて「重要なお知らせ」として参考価格の変動が掲載されていた。この「お知らせ」によると、
「想定外ではありますが、5月19日にナノセンスの提供価格が大幅に変動致しました。」
「日本時間5月19日午前0時より午前11時10分までにご注文頂いたお客様には変動した価格でのご案内をさせて頂きます。」
「ご購入検討者様に分かりやすい表示をするために5月20日までにこのページを更新する予定です。」
とのことなので、記事タイトルに掲げた「大量購入時の最安条件で1個25,300円」は大幅に変わることになりそうだ(おそらく大幅に値上げだろう)。

※追記:2011.05.19(木)15:30
本日午後、ナノセンス・インフォメーションの渡辺晋也様より電話があり、公開質問に対し口頭にてご返答を頂いた
※通話時間:2011.05.19(木)12:39~12:53、約14分間
以下に掲載する回答文は、
・中村が電話口で取ったメモを元に、
・中村が回答案を作成し、
・渡辺様にメール送信し確認・修正していただき、
・メールで返信されたもの(14:52受信)をそのまま転載
するものである。ご多忙の中、迅速かつ誠実にご対応いただいた渡辺様に深く感謝したい。

(メール転載ここから)

・報告:
本日朝、大幅な価格変動があった。社会情勢によって供給バランスが崩れる。2・3日前から注文が殺到した。メルトダウンを認めたことなどが影響しているのではないか。安価で安定した供給を目指しフランスの正規代理店を当たっている。すでにホームページに記載しているが、5/20にわかりやすいホームページを更新する。

・公開質問に対する回答:
(1)料金については送料込の値段。表記は参考価格で、実際にご請求する金額は参考価格表よりも若干安くした、ギリギリの金額を提示している。
(2)本体ディスプレイが日本語表記のものは提供できる体制にはないと各代理店からの回答。英語表記のみ。取扱説明書は日本語表記のもの。
(3)ナノセンス社は増産進めるなど、善意を持って対応していると思う。公表すべきことはあると思うが、時々刻々不安定供給下にあり、情報を出しにくいのではないか。

(メール転載ここまで)

※追記:2011.05.21(土)17:40
先ほど確認したところ「料金・ご購入方法」の内容が大幅に更新されており、「6月1日頃までにご注文頂いたお客様の枠組み」「6月20日頃の発送枠」が73,000円(大量購入時の最安価格は48,800円)となっている。
現時点で本記事タイトル
「「RADEX RD1503」53,000円(大量購入時の最安条件で1個25,300円)の販売事業者(ナノセンス・インフォメーション)の紹介と公開質問」
に掲げた価格体系が大幅に変わっていること、今後も変動の可能性があることから、記事タイトルの価格表記部分を削除し、
「「RADEX RD1503」の販売事業者(ナノセンス・インフォメーション)の紹介と公開質問」
に訂正する。
なお、アマゾンによる販売(下記)は現時点(5/21夕方)の最低価格が87,800円でまだ簡単に買える金額ではないが、2日前(5/19朝)の98,000円から1万円以上下落している。引き続き動向を注視したい。

※追記2011.05.27(金)05:55
先ほど確認したところ「料金・ご購入方法」の内容が更新されており、表示されている最高値は「6月7日頃までにご注文頂いたお客様の枠組み」「6月末頃の発送枠」が72,000円(先週より1,000円値下げ)、表示されている最安値は「7月中旬ごろの発送枠」「申込期日は無く、フランス側の都合もしくは注文があり次第終了」が31,800円(先週より6,500円値上げ)となっている。
また、今まで無かった「共同購入ではございません」という注意書きが追加されている。総注文数で価格が変動するということで大量購入条件が付帯しないということなのだろうか(そうだとしたら、そもそも初日の5/19(木)からそういう意図だったのだろうか)。この注意書きはわかりにくく、見ただけでは意図を図りかねる(電話で問い合わせろということだろうか)。

※追記2011.06.03(金)07:30
先ほど確認したところ「料金・ご購入方法」の内容が更新されており、表示されている最高値は「6月14日頃までにご注文頂いたお客様の枠組み」「7月中旬ごろの発送枠」が71,000円(先週より1,000円値下げ)となっている。最安値は先週のままだが「※受け付けは終了致しました。 6月4日に新しい枠を設定し、HPを更新する予定です。」とされていた。
この会社以外のものも全般に価格が下落する傾向にあることから、もう少し待てば一般に入手しやすくなり、一気に普及するだろう。各家庭にガイガーカウンターがあるなど、恐ろしい時代だ。

※2011.06.04(土)12:00追記:
関連記事「【震災後最安値?】RADEX/RD1503が19,800円【ナノセンス・インフォメーション】」を掲載した。

|

« リンガーハットの主要野菜の原産地紹介 | Main | 医療情報技師能力検定試験過去問題・解答集 2011(南江堂) »

放射能対策」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「RADEX RD1503」の販売事業者(ナノセンス・インフォメーション)の紹介と公開質問:

« リンガーハットの主要野菜の原産地紹介 | Main | 医療情報技師能力検定試験過去問題・解答集 2011(南江堂) »