« 有限会社エスプワールの派遣事業について | Main | 万引き(再犯)した教育学部教授の懲戒解雇は妥当なのか »

Aug 24, 2007

危ない中国製の割り箸にご用心

噂には聞いていたが、中国製品の割り箸には用心した方が良いようだ。日経ビジネスで次の記事があった:

口に入れるのは食べ物だけじゃない
危ない中国製「割り箸」
日本人は2日に一度使っている。「保証期限」はどうか

(世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」):NBonline(日経ビジネス オンライン)
2007年8月24日 金曜日

人気blogランキングに参加しています。一押しで順位が上がります。よろしくお願いします!人気blogランキングへ
順位案内用

記事によると、割り箸によっては「品質保証期限」を過ぎている可能性があり、異臭がしたりすっぱい味がするケースもあるらしい。割り箸の「品質保証期限」なんて知るもんか、という人も多いだろうし、私自身も何年前にどこでもらったか分からないような割り箸を大量にストックしていたりする。

その品質劣化は割り箸の材質や包装方法で変わるらしい。

いたずらに不安をあおるのも良くないが、このご時世なので心配になるのは仕方がない。

次に割り箸を使う時は、今までより少しだけ気をつけて観察してみたい。

※人気blogランキングに参加しています。このブログが面白いまたは役に立ったとお感じになった時に「人気blogランキングへ」をクリックしてください。お1人様1日1回までカウントされ、ランキングに反映されます。

|

« 有限会社エスプワールの派遣事業について | Main | 万引き(再犯)した教育学部教授の懲戒解雇は妥当なのか »

中華人民共和国(中国)の環境問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 危ない中国製の割り箸にご用心:

» 割り箸を洗って再利用している我が家は勝ち組? [中国遺跡巡り]
 割り箸もいろいろいわれておりますなあ。 できない、困って→問題解決: 危ない中 [Read More]

Tracked on Aug 25, 2007 11:04 PM

« 有限会社エスプワールの派遣事業について | Main | 万引き(再犯)した教育学部教授の懲戒解雇は妥当なのか »