« 危ない中国製の割り箸にご用心 | Main | 驚愕のパソコン・アニメ「アニメーター対アニメーション」高画質オリジナル版(Animator vs. Animation by *alanbecker) »

Aug 24, 2007

万引き(再犯)した教育学部教授の懲戒解雇は妥当なのか

詳細は高知大学のホームページに「懲戒処分の公表」(PDF、111KB)として掲載されている。毎日新聞によると、『人事院の「懲戒処分の指針」を参考に再犯性を重視して懲戒解雇を決めた』とのことだが、本当にこの懲戒解雇は妥当なのだろうか。

人気blogランキングに参加しています。一押しで順位が上がります。よろしくお願いします!人気blogランキングへ
順位案内用

本当は「この処分が妥当かどうか」ということはあまり気にならない。

では、何が気になるのか?

それは、他の事件と比べて、その処分が厳しすぎる気がする、ということだ。いくつか見てみよう。

(事例1)
東京大学大学院法学政治学研究科・蟻川恒正教授(42)
内容:電車で痴漢(2007.05.11)→容疑は否認
処分:辞職→浜田純一副学長名で「事実が確認できた段階で適切な処置をとる」とコメント

(事例2)
鹿児島大学・法文学部・准教授(氏名未発表・男性・30代)
内容:会費など約470万円を横領し私的流用(2005.06~2006.07)
処分:諭旨解雇

(事例3)
九州大芸術工学部・吉川茂教授(57)
内容:盗作→本人は否定
処分:未定だが教授会は懲戒処分が相当と結論

(事例4)
岡山大学大学院環境学研究科・教授(氏名未発表男性・40代)
内容:男子学生にセクハラ
処分:退職したが懲戒解雇相当で退職手当は支払われない。

(事例5)
島根大学・准教授(氏名未発表・男性・60代)
内容:女子学生にセクハラ
処分:半日分の賃金を減額

(事例6)
麻布大学・西田利穂教授、鈴木嘉彦教授
内容:獣医師国家試験の漏えい
処分:7日間の出勤を停止、9月末まで教育活動を自粛させる+獣医師免許停止など行政処分を審議

(事例7)
法政大学文学部・中野栄夫元教授(63)
内容:研究の不正受注(研究を約92万円で請け負ったように見せかけ、実際は大学院生にほぼ無償でさせた)
処分:本人は別件のパワハラで05年11月に依願退職→平林千牧総長ら4人が減給処分

(事例8)
同志社女子大学学芸学部音楽学科・教授(氏名未発表・男性、61)
内容:セクハラ
処分:病気を理由に退職(処分なし)→斎藤宏充総務課長は「元教授の健康に配慮して退職願を受理した。処分をうやむやにしたわけではない。退職金返還は求めない」としている。

※以上のデータは主に「公的人間事件簿 大学教授」を参照した。

今回の事例
高知大学教育学部・教授(氏名未発表・男性・50代)
内容:万引き(再犯)
処分:懲戒解雇

どうだろうか。他の事件と比較した場合、本当に妥当なんだろうか?

懲戒解雇するほどの重大案件ならば、なぜ名前が公表されないのだろうか。

懲戒解雇の処分までの期間も他の事例と比べるとかなり迅速だ。

今回の処分が厳しすぎるのか、他の事例が甘すぎるのか、どちらなんだろうか。


以下、引用記事:


http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070824k0000m040165000c.html
万引き:スーパーで電池など 高知大教授が懲戒解雇
 高知大教育学部の50代の男性教授が、万引きしたとして窃盗容疑で高知県警の取り調べを受け、懲戒解雇されたことが23日、分かった。大学は職員の懲戒処分に関する公表基準を設けておらず、大学のホームページ(HP)で明らかにしただけで、記者発表をしていなかった。

 大学によると、教授は7月22日夕、高知市内のスーパーで電池など数千円分を万引きし、県警に窃盗容疑で取り調べを受けた。教授は数年前にも万引きをしており、大学は人事院の「懲戒処分の指針」を参考に再犯性を重視して懲戒解雇を決めた。処分は21日付。【服部陽】

毎日新聞 2007年8月24日 3時00分


※人気blogランキングに参加しています。このブログが面白いまたは役に立ったとお感じになった時に「人気blogランキングへ」をクリックしてください。お1人様1日1回までカウントされ、ランキングに反映されます。

|

« 危ない中国製の割り箸にご用心 | Main | 驚愕のパソコン・アニメ「アニメーター対アニメーション」高画質オリジナル版(Animator vs. Animation by *alanbecker) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 万引き(再犯)した教育学部教授の懲戒解雇は妥当なのか:

« 危ない中国製の割り箸にご用心 | Main | 驚愕のパソコン・アニメ「アニメーター対アニメーション」高画質オリジナル版(Animator vs. Animation by *alanbecker) »