« 明日(8/30)13時~16時はコメント・TB不可(ココログ・メンテナンス) | Main | メンテナンス時のトラックバックおよびコメントの表示は改善しました(8/30・緊急メンテナンス) »

Aug 30, 2007

これってバブルでは?:企業の時価総額、中国が日本抜く?…英紙報道(8/30・読売)/"Chinese stock market bigger than Japan’s"(Financial Times, London / August 28 2007 17:18)

香港も含めた」というこであって「中国本土だけ」で日本を越えたということではないようだ。読売の紹介記事は概要だけで良く分からなかったので、Financial TImes の原文(英文)を探して読んでみたが、どうやら「バブル」の疑いもあるようだ。

人気blogランキングに参加しています。一押しで順位が上がります。よろしくお願いします!人気blogランキングへ
順位案内用

ストーリーとしては、8月は米国の低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題に端を発した信用不安によって日本を含む世界中がパニックに陥ったが、中国だけは強い競争力を発揮して成長が目立った、ということのようだ。

読売の紹介記事にはないが、原文では「バブルかどうか?」という検討がなされている。

上海のチャンジャン証券(Changjiang Securities)アナリスト Zhong Hua は中国の経済はバブルではないと言っている。

しかし一方では、中国市場に関する著書「私有化される中国」(Privatizing China)を執筆した独立系アナリスト Fraser Howie(フレーザー・ハウイー)によると「中国では全ての現実味が保留され続けている」(“All reality has been suspended in China.”)ということになる。

Amazon を見ると、この中国市場に関する著書「私有化される中国」は Carl E. Walter との共著で、Fraser Howieは第2執筆者だ。Amazon の編集者レビュー(Editorial Reviews)にはFraser Howie の略歴もあった。それによると、彼は北京在住の独立系証券アナリストだ。

私は素人なので分からないが、これは証券会社のお抱えアナリストと独立系アナリストのどちらが信用できるか、ということを暗に問いかけている構成なのだろうか?

これらの記事とは離れるが、「“嘘”の狼少年を信じる時」(宋文洲:日経ビジネス オンライン・2007年4月26日)(→日経ビジネス オンラインは閲覧に読者登録が必要です)など他の情報を見ていると、やはり中国はバブル真っ盛りで、いつはじけてもおかしくないのではないかな、と思う。

問題は「バブルがはじけるかどうか?」ではなく「バブルはいつはじけるか?」だろう(と、素人ながら感じる)。

以下、引用記事:


http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070829it15.htm?from=top
企業の時価総額、中国が日本抜く?…英紙報道

 【ロンドン=中村宏之】29日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、株式市場に上場する企業の時価総額で、香港を含む中国が日本を上回ったと報じた。
 中国経済に詳しいアナリスト、フレイザー・ハウイー氏の試算によると、28日の終値ベースで中国市場の4兆7200億ドル(約542兆円)に対し、日本は4兆7000億ドル(約540兆円)だったという。FTは、米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題のあおりで日本市場が動揺したのに対し、中国市場は好調な企業業績を背景に株価を上げてきていることなどが要因としている。

(2007年8月30日3時5分 読売新聞)


http://www.ft.com/cms/s/0/96036374-557e-11dc-b971-0000779fd2ac,dwp_uuid=eaa4d862-6d69-11da-a4df-0000779e2340.html
Chinese stock market bigger than Japan’s
By Geoff Dyer in Shanghai
Published: August 28 2007 17:18 | Last updated: August 28 2007 17:18

The Chinese stock market is now bigger in terms of market value than the Japanese market if Chinese companies listed in Hong Kong are taken into account, underlining the dramatic surge in the country’s financial markets over the last 18 months.

The rapid rise in the value of Chinese companies is partly due to a strong rally during August, when most other markets around the world have seen panic selling because of concerns about a credit crunch.

While many analysts on the mainland argue that the continued surge in the market is a reflection of the underlying strength of the economy, overseas analysts view the fact that the Chinese market is now worth more than the Japanese as a further sign that mainland stocks are dangerously overvalued. “It just goes to show what a huge bubble has been created,” said Fraser Howie, author of a book on the Chinese market who compiled the data. “All reality has been suspended in China.”

While the Japanese market capitalisation was $4,700bn at the close of trading on Tuesday, he said, the combined value of the Chinese market was $4,720bn.

The milestone is the latest in a series of records that the Chinese markets have been establishing this year. On some days, turnover on the mainland markets has exceeded the combined turnover in the rest of Asia.

Industrial and Commercial Bank of China, which began trading in Hong Kong and Shanghai last October, is now the biggest bank in the world in terms of market capitalisation while China Life is the biggest life insurer.

Although earnings at Chinese companies are growing much faster than Japanese ones, Japan’s economy was still 63 per cent larger than China’s in 2006, according to World Bank figures.

Zhong Hua, analyst at Changjiang Securities in Shanghai, said the mainland market could see corrections but he did not think it was a bubble.

“With a long-term perspective in mind, current valuations in China are not overvalued,” he said. “We are confident about the Chinese economy over 10 and 20 years.”

A number of analysts outside mainland China have recently pointed out that up to half the earnings growth at listed Chinese companies in the first six months of the year came from the rising stock market.

This was attributed to the large crossholdings between mainland companies. As a result, earnings could drop sharply if the market falls.

China Life recorded investment income of Rmb24.07bn ($3.2bn) in the first half compared with net profit of Rmb23.29bn.

At the close of trading on Tuesday, the 1,481 companies listed on the mainland had a market value of $3,003bn.

There are several classes of shares of Chinese companies listed in Hong Kong, including H-shares (mainland registered companies), “red chips” (mostly incorporated in Hong Kong and controlled by the Chinese government) and a number of other mainland-based businesses such as Nine Dragons Paper, which are incorporated outside China.

According to Mr Howie, the value of these shares was $1,690bn.

Copyright The Financial Times Limited 2007


07.08.30(木)18:34訂正:
綴り間違い1箇所訂正。

※人気blogランキングに参加しています。このブログが面白いまたは役に立ったとお感じになった時に「人気blogランキングへ」をクリックしてください。お1人様1日1回までカウントされ、ランキングに反映されます。

|

« 明日(8/30)13時~16時はコメント・TB不可(ココログ・メンテナンス) | Main | メンテナンス時のトラックバックおよびコメントの表示は改善しました(8/30・緊急メンテナンス) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50105/16282606

Listed below are links to weblogs that reference これってバブルでは?:企業の時価総額、中国が日本抜く?…英紙報道(8/30・読売)/"Chinese stock market bigger than Japan’s"(Financial Times, London / August 28 2007 17:18):

« 明日(8/30)13時~16時はコメント・TB不可(ココログ・メンテナンス) | Main | メンテナンス時のトラックバックおよびコメントの表示は改善しました(8/30・緊急メンテナンス) »