« ブログスカウターの最終更新日がおかしい件 | Main | 「紙一枚」の重さについて(香川県丸亀市の食肉偽装)(共同通信スクープ?) »

Jul 27, 2007

ちょっと古いネタですが:なぜ5歳の息子を茶髪にしたらいけないのですか?(Yahoo!知恵袋)+子供の毛染め、ご用心 弱い頭皮…炎症・ショック症状の恐れ(産経新聞)

まず、次の「元ネタ」を読んで欲しい(ネタが古くてすみませんが)。出典はYahoo!知恵袋。改行位置を変更してある。


なぜ5歳の息子を茶髪にしたらいけないのですか?

5歳の息子と美容院に行った時カラーリングしてもらいました。ちっちゃい子が茶髪だとかわいいなと思いカットのついでに息子を茶髪に染めてもらいました。「息子は嫌がっていましたが(笑)

すると保育園から連絡があり「園児の中で1人だけ茶髪だとどうしても浮いてしまし、他の園児が近寄りにくくなっています。また他の親御さんからもあまりいい目でみられない」ということでした。

でも考えてみると、中学校や高校みたいに校則があるわけじゃないし禁止ではないはずです。それに何で他の親御さんの目を気にして生きていかなければいけないのですか?そういう差別意識がいじめにつながると思いませんか?この保育士に間違いであることを気づいてもらうためにどのような言葉をかけるべきですか?ここまで悪質ですので保育士の資格を剥奪することってできないのですか?


さて、みなさんのご意見はいかに?

人気blogランキングに参加しています。一押しで順位が上がります。よろしくお願いします!人気blogランキングへ
順位案内用

実はこの質問は完全に「ネタ」だ。今年1月(半年前)に掲載された。この質問者のプロフィールを見てみると、この手の「非常識なネタ」の質問を「作品」として連投している方であることは一目瞭然だ。そういう質問者として有名人だ。しかし、毎度それを知らずまじめに回答する回答者が多数いて盛り上がっている。

質問と全回答を原文でご覧になりたい方はこちらからどうぞ
 →なぜ5歳の息子を茶髪にしたらいけないのですか?

こんな古いネタを今頃になって引っ張り出してきたのはなぜか?実は昨日、「子供の毛染め、ご用心 弱い頭皮…炎症・ショック症状の恐れ」(産経新聞)というニュースを見て、ちょっと思い出したからだ。

この記事によると、12歳以下の子供の髪の毛を染めた経験がある親は4.1%そのうち初めて染めた年齢は4、5歳をピークに未就学児が63%を占める、ということだ。

難しい話を抜きにまとめると、子供の毛を染めるととっても危険な場合があるから気をつけてね、という主旨になっている。

冒頭の「ネタ」と併せ技で検討すると、当然ながら、子供の健康を考えて子供の毛を染めるのは止めた方がいいよ、という結論となる。

すると、次に議論になりそうなのが、「じゃあ、子供にも安全・安心な毛染めが開発されたら、じゃんじゃん染めていのか?」というテーマだ。

ところで私なりの結論だが、少なくとも自分の子供には(私の親権が及ぶ限り)絶対に毛染めはさせないたとえ健康に問題のない安全・安心な毛染めが開発されたとしても絶対に毛染めはさせない

どうしてか?その理由は気が向いたら(読者からの反応を見た上で)、追記(もしくは別の記事として掲載)したいと思う。

@nifty 投票:自分の子供(5歳以下)の髪の毛を茶髪に染めてもいいですか?(作成者:TechPR中村友一)

※人気blogランキングに参加しています。このブログが面白いまたは役に立ったとお感じになった時に「人気blogランキングへ」をクリックしてください。お1人様1日1回までカウントされ、ランキングに反映されます。

|

« ブログスカウターの最終更新日がおかしい件 | Main | 「紙一枚」の重さについて(香川県丸亀市の食肉偽装)(共同通信スクープ?) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ちょっと古いネタですが:なぜ5歳の息子を茶髪にしたらいけないのですか?(Yahoo!知恵袋)+子供の毛染め、ご用心 弱い頭皮…炎症・ショック症状の恐れ(産経新聞):

« ブログスカウターの最終更新日がおかしい件 | Main | 「紙一枚」の重さについて(香川県丸亀市の食肉偽装)(共同通信スクープ?) »