« 人気blogランキングに参加してたなぁ、、、 | Main | 生爪少女 »

Jul 04, 2007

米国「核不拡散」特使が原爆投下を肯定する発言

人気blogランキングに参加しています。一押しで順位が上がります。よろしくお願いします!人気blogランキングへ
順位案内用

米国「核不拡散」特使が原爆投下を肯定する発言

原爆投下を肯定する発言が原因となり、日本国内では防衛大臣の首が飛んだ。そして、その直後、米国は公式に原爆投下を肯定した。

国家によるプロパガンダ(情報宣伝工作)だから、こ当然こんなもんだろうと思う。このプロパガンダは、米国では戦後ずっと言われ続けていることだ。

問題は、これが日本国内でニュースになったことだ。しかもNHKだ。

このニュースを大臣が辞任したタイミングでNHKがいちいち取り上げる理由が理解できない。ニュースでは「原爆投下について日本とアメリカの認識の違いをあらためて際立たせる形となっています。」と他人事のように表現していたが、際立たせているのはあきらかにNHKなんじゃないだろうか?

以下、ニュースの引用:


米特使“原爆で命を救った”
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/07/04/d20070704000069.html

これは、前の国務次官で現在は核不拡散の特使を務めるジョゼフ氏が、3日、アメリカ国務省で行った記者会見で述べたものです。この中で、ジョゼフ特使は、アメリカによる広島と長崎への原爆投下について「さらに何百万人もの日本人の命を奪うところだった戦争を終結させることができたというのは、ほとんどの歴史家が同意するところだ」と述べて、原爆投下によって結果的に多くの日本人の命を救ったという認識を示しました。折しも日本では、久間防衛大臣が「悲惨な目にあったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理の中で、しょうがないと思っている」と発言したことの責任を取りたいとして辞任しており、原爆投下について日本とアメリカの認識の違いをあらためて際立たせる形となっています。ジョゼフ前国務次官の発言について、長崎の被爆者で原水爆禁止日本国民会議の川野浩一副議長は「無理やり理由を付けて原爆投下を正当化しようとするもので、許せない発言だ。こうして原爆投下を正当化するかぎり、ほかの国には核兵器を持たせない一方で、アメリカは『正義の核兵器だ』として持ち続けることになり、わたしたちが求めている核兵器の廃絶は実現できない」と話しています。
7月4日 11時40分


※人気blogランキングに参加しています。このブログが面白いまたは役に立ったとお感じになった時に「人気blogランキングへ」をクリックしてください。お1人様1日1回までカウントされ、ランキングに反映されます。

|

« 人気blogランキングに参加してたなぁ、、、 | Main | 生爪少女 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50105/15646735

Listed below are links to weblogs that reference 米国「核不拡散」特使が原爆投下を肯定する発言:

« 人気blogランキングに参加してたなぁ、、、 | Main | 生爪少女 »