« 「内定」と言う不思議な言葉 | Main | げっ、まじかよ!:上海で「クローン豚」誕生!人間への臓器提供へ道―中国(レコードチャイナ) »

Jul 26, 2007

カナダのリフォーム業者、壁から赤ん坊の遺体発見(ロイター)

「ミイラ化した赤ん坊の遺体」が「1925年9月15日」(約80年前・大正14年)の新聞紙にくるまれていたそうだ。80年前のカナダで起こった赤ん坊の遺棄事件という点では非常に興味深い。

人気blogランキングに参加しています。一押しで順位が上がります。よろしくお願いします!人気blogランキングへ
順位案内用

赤ん坊が発見された家と発見者の写真がカナダの新聞「TheStar」のホームページに掲載されていた:
 Renovator uncovers mummified infant
 リフォーム業者、幼児のミイラを発掘

この英文記事によると、赤ん坊は4ヶ月くらいだったそうだ。ということは、産まれたのは5月ごろか?また、お尻(腰?)が破壊されている状態だということだ(虐待か?事故か?壁に塗りこめるときにつぶれたのか?)。また、当時の家の所有者は1919年にこの家を購入、所有者の男性(父親だろうか?)は1939年に亡くなっているが、女性(母親かな?)は1941年に精神病院に入院しているそうだ。

なお、家の所有権は精神病院法(カナダ州法らしい)に基づき病院が取得したとのことだから、女性は相当に重度の病気だったのではないかと思う。

1925年(大正14年)というと、第一次世界大戦の終結から7年後、日本ではもう大正も末期、治安維持法が制定された年だ。また、世界大恐慌まであと4年という微妙な時期でもあった。

カナダの歴史によると、1925年当時のカナダはまだ「イギリス連邦」の「自治領カナダ」であった。

赤ん坊を新聞紙にくるんで壁に塗りこむというと、最近日本で多く発生している赤ん坊の遺棄事件を連想してしまうが、果たして同じような背景で遺棄されたのだろうか。今となっては、知る由もない。

以下、引用記事:


http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-27068220070726
カナダのリフォーム業者、壁から赤ん坊の遺体発見
2007年 07月 26日 13:25 JST

 [トロント 25日 ロイター] カナダの住宅リフォーム業者が、トロントにある古い住宅の壁の中からミイラ化した赤ん坊の遺体を発見した。
 ボブ・キングホーンさんは、3階建ての家にワイヤを通している際に80年前の新聞紙に包まれた小さな物体を発見。「よく見てみると、指や小さな足の指が見えた」と述べた。今後は寄付を募って赤ん坊を埋葬する意向という。
 警察当局は、遺体について不自然な点や外傷の有無を調査中。しかし、赤ん坊の年齢やどのくらいの期間壁の中に放置されていたのかは明らかになっていないという。新聞紙の日付は1925年9月15日だった。


http://www.thestar.com/News/GTA/article/239573
Renovator uncovers mummified infant
Baby found wrapped in bundle of newspaper dated 1925 in wall of Riverdale home
Jul 25, 2007 04:11 PM
Henry Stancu
Staff Reporter

Renovator Bob Kinghorn got the shock of his life when he found a mummified infant wrapped in newspaper dated Sept. 12, 1925, in a house he was working on last night.

"You always hope to find something in walls – coins, antiques – but never a baby," he said as he stood in front of the home on Kintyre Ave., near Broadview Ave. and Queen St. E., late last night.

Kinghorn, 37, who lives two doors away from the three-storey, semi-detached Riverdale area home, was about to drill a hole through a ceiling joist for wiring when he noticed a bundle of newspaper he first thought was insulation in a second floor bedroom of the empty home about 8 p.m.

He said he and a co-worker had noticed a strange smell in the room, but didn't realize what it was until he pulled the package out from the wall.

"When I opened it up, it exposed the child," he said.

The infant, which he estimated at about four months of age, was in a fetal position wrapped in a bundle of old newsprint and he could see tiny toes sticking out.

"It looked the size of my four-month-old," he said, while running his fingers through his hair, still in disbelief at what he had found.

After getting a search warrant, a police forensic team and body removal crew entered the home at about 11:30 p.m.

Kinghorn said when he opened the package, he realized what it was and the date leapt off the page at him.

He said it was a Toronto newspaper, but he didn't know which publication.

"It's so sad. But it's a good thing the baby can be put to rest," Kinghorn said.

"Wow, 1925. Maybe she had a baby she had murdered. Who knows what the story behind this is?" he mused.

Kinghorn said paramedics who came to the scene said it looked like the infant had a crushed hip.

The mummified infant's remains will be examined at the Centre for Forensic Science and the case will be investigated by the homicide squad.

House's owner admitted to mental hospital

A land title search has revealed the Kintyre Ave. property was purchased in 1919, the Canadian Press reported today. Provincial documents indicate the male homeowner died in February, 1939, while it appears the female owner lived at the house until 1941, when she was admitted as a patient to Toronto’s Ontario Hospital.

An affidavit reveals authorities took ownership of the home under the provincial Mental Hospitals Act after the female owner was admitted to the hospital.

It’s unknown if the baby belonged to the couple who lived in the home at the time.

PHOTO
RON BULL/TORONTO STAR
Renovator Bob Kinghorn of Dusty Buster Renovations outside the house on Kintyre Ave. where he found a mummified baby in the attic on July 24, 2007.


※人気blogランキングに参加しています。このブログが面白いまたは役に立ったとお感じになった時に「人気blogランキングへ」をクリックしてください。お1人様1日1回までカウントされ、ランキングに反映されます。

|

« 「内定」と言う不思議な言葉 | Main | げっ、まじかよ!:上海で「クローン豚」誕生!人間への臓器提供へ道―中国(レコードチャイナ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50105/15906364

Listed below are links to weblogs that reference カナダのリフォーム業者、壁から赤ん坊の遺体発見(ロイター):

« 「内定」と言う不思議な言葉 | Main | げっ、まじかよ!:上海で「クローン豚」誕生!人間への臓器提供へ道―中国(レコードチャイナ) »