« 中井保育園(北九州市)・北村寿和園長様:あなたのブログを拝見しました。事件の再発防止についてお話させてください | Main | 北九州市が中井保育園の事件を受けて保育施設に安全研修 »

Jul 31, 2007

全国の皆様へ:中井保育園(北九州市・北村寿和園長)の幼児放置死事件の再発防止に関する意見を求めます

過失責任が100%保育園にあることははっきりしたようです。その責任追及はもちろん必要です。しかし、そこで終わらず、事件の再発防止という観点から徹底した調査が必要です。そこで、全国の皆様にこの事件の再発防止に関する意見を求めます。

一般的な安全管理上の観点、幼児教育の観点、幼児保育をめぐる国策の問題、などなど、関連する事項は多岐にわたるものと思われます。なんでも結構です。事件の再発防止について、一言ご意見をお寄せ下さい。

この記事のコメント欄をお使い下さい。コメント欄に記入することに抵抗があるようでしたら t-naka@techpr.jp 中村までメールをお送り下さい。

なお、メールでお送りいただいた場合、内容を判断した上で公開させていただきます。公開を望まれない場合や匿名をご希望の場合はあらかじめその旨をお知らせ下さい。

本件については関連記事を随時掲載します。最新記事はカテゴリ「北九州市「中井保育園」園児熱射病死」でご確認ください。

07.07.31(火)11:28追記:
再発防止にあたり、まずその原因分析を試みました。下記をご覧下さい:

●幼児放置死事件(北九州市)/再発防止のために
 原因分析編 第01版 07.07.31(火)

上記ファイルのダウンロード
 ・Microsoft Powerpoint(33KB)
 ・PDF(33KB)

※PDFは横向きになっていますので画面でご覧になる場合は表示設定を右90度回転にして下さい。

私がわかる範囲ということで、保育園の運営サイドを中心に作成しました。行政サイドの問題についてご存知の方の情報提供をお待ちしております。

07.07.31(火)11:50追記:
7/28の記事のコメント欄がこの記事の内容と関連するので下記に一部を転記します(改行位置のみを変更しています):

(ここから転記)

福岡の認可外保育施設には「福岡認可外保育施設連盟」というものがある。それもこれまでの行政の怠慢・営利目的施設の排除・保育施設の質の向上を目的としたもの。まだまだ世間がしらない保育業界の「膿」は多くある。そろそろ全部吐き出すときなのではないの???
投稿 yuko | 2007年7月28日 (土) 11時28分

未経験の若者が思いつきで設立したようにしか見えません。親の目に触れる事柄だけが全てだと勘違いし実際に保育園で行われている業務がどんなものか知らずに運営していたのではないでしょうか?業界全体の問題というより彼に保育業務の経験や知識があったか無かったかについて追求する必要があると思えます。
投稿 ひろ | 2007年7月31日 (火) 10時43分

(ここまで転記)

07.07.31(火)23:55追記:
昼に掲載した記事のコメント欄より関連のあるものがありましたのでこちらに転記します:

(ここから転記)

認可外保育施設は児童福祉法の改正で届出が義務付けられました。その中には、監督者(自治体)による年に1回の立ち入り審査が原則として謳ってあります。これ、やってたんでしょうかね?

投稿 はじめまして | 2007年7月31日 (火) 22時24分

(ここまで転記)

07.08.02(木)追記:
本件については関連記事を随時掲載します。最新記事はカテゴリ「北九州市「中井保育園」園児熱射病死」でご確認ください。

人気blogランキングに参加しています。一押しで順位が上がります。よろしくお願いします!人気blogランキングへ
順位案内用

※人気blogランキングに参加しています。このブログが面白いまたは役に立ったとお感じになった時に「人気blogランキングへ」をクリックしてください。お1人様1日1回までカウントされ、ランキングに反映されます。

|

« 中井保育園(北九州市)・北村寿和園長様:あなたのブログを拝見しました。事件の再発防止についてお話させてください | Main | 北九州市が中井保育園の事件を受けて保育施設に安全研修 »

北九州市「中井保育園」園児熱射病死」カテゴリの記事

Comments

多少の誤解があったようなので再度コメントします。

園長の責任を追及するという視点からではなく、彼がどのような経緯で園を設立し、何をどう準備し、どう運営していたかを調べる事無く、今回の件について本質的な要因特定には至らないのではないかと思います。

多くの人は直接の原因である保育士の行動に注視します。
それはそれで正しい反応だと思いますが原因分析で書かれている通り、それに至る要因がどこかにあります。

逆に辿っていく手段もあるとは思いますが、園長の経緯を追う事により、園がどの時点でどのようなリスク因子を抱える事になったかが明確になると思います。

園長の経歴や園運営の経緯を追う事は、短絡的な責任追求ではなく原因分析のためにも必要なのではないかと思いました。

今回のリスク因子を解明した後に制度上の欠陥といいますか、足りていない部分をどうするかという議論に至るのが最も近道に思えるのです。

世間一般の結論として「保育士の判断ミスが原因だった」という解釈に至り、その後忘れ去られる事が最も恐ろしい事なのではないかと考えます。

長文申し訳ありません。

Posted by: ひろ | Jul 31, 2007 05:48 PM

ひろさん、ご意見ありがとうございます。

>園長の責任を追及するという視点からではなく、彼がどのような経緯で園を設立し、何をどう準備し、どう運営していたかを調べる事無く、今回の件について本質的な要因特定には至らないのではないかと思います。

今日の午後に閉鎖された北村寿和園長のブログにはその経緯について書いてあります。今晩にもじっくり読み直して見ます。なお、昨夜の記事に追記している通り、個人のブログの内容ですので現状では公開するつもりはありません。

本当はご本人とひざを交えて分析できると社会的な意義は大きいのでしょうが、いかなる形であれ、今は難しいでしょう。しかし、本当にご本人からコンタクトがあれば、市内なので是非直接お会いして話を聞いてみたいと考えています。

>多くの人は直接の原因である保育士の行動に注視します。
>それはそれで正しい反応だと思いますが原因分析で書かれている通り、それに至る要因がどこかにあります。

私の焦点もそこにあります。

当初、私は保育園のずさんな対応を調べて記事にするつもりでした。警察もマスコミもそれほど大きく取り上げないと予想していたからです。しかし、昨日以降、全国的に保育園側のずさんな管理に対するバッシングが始まりましたので、私にとってこれ以上、責任追及を行う意義がなくなりました。そこで次の段階である再発防止の検討に入りました。

>長文申し訳ありません。

長文歓迎です。

Posted by: 中村 友一 | Jul 31, 2007 06:00 PM

「はじめまして」の名前でコメントさせていただいた者です。気になったので、市役所に電話して数の確認をしてみました。

市のサイトに載っているのはあくまで「届出の対象となる認可外保育施設」なのだそうです。届出の対象となるのは児童福祉法を参照してください。そして、その数が現在市内では、問題の中井保育園を合わせて37箇所あります。(サイトの情報が若干古いので一つ抜けているそうです。)そして、中井保育園以外のこの対象の認可外保育施設36箇所に案内を送ったそうです。

それに加えて、届出対象ではないけど市で把握している保育施設11箇所にもあわせて案内を送ったそうです。

ということで、合計47箇所に案内を送った事になります。


また、立ち入り審査の件も聞いてみましたが、北九州は政令指定都市の為、市が監督者になりますので、年に1回の立ち入り審査は中井保育園も含めて実施していたとの事でした。当然立ち入り審査は事前通告ですから、その時は体裁を整えていたのかもしれませんね。時間が無く、あまり突っ込んだ質問はできませんでした。

それと、どうでもいい情報かもしれませんが、あの中井保育園ではパソコン教室が先にあったんですよね。その経営があまり芳しくなかったので保育園を始めたような話を近所で聞きました。経営者は確か同じ人だったはずです。途中、少しの間だけ介護ヘルパーの派遣みたいな事務所にもなってたような気もするんですけどね。色々と流行と言われているものに時々で手を出している印象を受ける事務所でした。

Posted by: なえ | Aug 01, 2007 12:40 PM

なえさん、電凸お疲れでした。貴重な情報ありがとうございます。

#他の方が分からないと思いますので解説しておきますと、施設数の件は別の記事:

http://techpr.cocolog-nifty.com/nakamura/2007/07/post_2bae.html

のコメント欄でやり取りしてた内容です。

パソコン教室・派遣事業・介護ヘルパーの件は他からも情報がありました。こちらに掲載できる内容・状態になったら別途記事にします。

本文に追記した原因分析でも言及していますが、やはり経営的に余裕の無い状態であったことは事故原因になったものと考えます。くしくも本日の報道で聞きましたが、介護事業で不祥事を起こしたコムスンを受け入れる事業者は自社の利益を損ねても社会的公益性のために事業を継続できることが必要だといったコメントがありました。

厳しい経営環境でも貪欲に利益を求めて事業を継続できるという性質は起業家に求められる資質としては決して悪いものではないと思いますが、結果として、人の命を左右するような事業など、余力の無い起業家が手を出してはいけない業種がある、ということだと思います。

Posted by: 中村友一 | Aug 01, 2007 12:56 PM

今度は、職安にもう一つ気になっていた事を確認してみました。

エスプワールのサイトのミラーを見ていて、派遣業者と職業紹介事業者の登録番号が無かったのに、堂々と情報を掲載していたのが気になり確認してみました。

ここは特定派遣の業者登録はなされていましたが、一般登録はしていません。職業紹介事業者の登録もなされていません。あそこに掲載されている状態では契約内容が詳細には載ってませんので、派遣に関してはもしかしたら問題はないのかもしれませんが、「正社員」となっていたのはおそらく違法になります。

また、ちょうど一番上に出ていた「看護士」の募集はかなりまずいようです。医療行為を行う業種の派遣はできないそうです。

なんと言うか、かなり行き当たりばったりの事をやってる感じですねぇ・・・

Posted by: なえ | Aug 01, 2007 03:12 PM

なえさん、職安への電凸お疲れでした。たびたびの情報提供ありがとうございます。

早々にホームページが削除されてた理由は違法行為の自覚があったからなのでしょうね。

Posted by: 中村友一 | Aug 01, 2007 03:32 PM

中井保育園に子供を預けていた者です。
8月の終わりに戸畑で保護者説明会があったのですが、
その時の園長の態度が余りにも酷いものでした。

てっきり事故の経過説明があると思っていたのに・・・
質問したら
「どうしても説明しなきゃいけないですか」と・・
8月分の保育料は半数以上が返ってきていないようで、
それが返ってきたらもう二度と関わりたくないという父兄も何名かいたので
事故の説明受ける前に帰る人も居ました。

私たち夫婦は最後までいて説明を受けましたが
全く反省していないのが伺えました。言うことに
「私は経営者としてやることはやっている!」と
まるで逆切れでした・・・

Posted by: 匿名で・・ | Sep 16, 2007 03:20 PM

匿名で・・さん、生々しい情報ありがとうございます。コメントとして公開しずらい情報などありましたら、メールなどで直接お送りください。

メール: t-naka@techpr.jp

Posted by: 中村友一 | Sep 18, 2007 03:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 全国の皆様へ:中井保育園(北九州市・北村寿和園長)の幼児放置死事件の再発防止に関する意見を求めます:

« 中井保育園(北九州市)・北村寿和園長様:あなたのブログを拝見しました。事件の再発防止についてお話させてください | Main | 北九州市が中井保育園の事件を受けて保育施設に安全研修 »