« @niftyトップページ初登場! | Main | 生後2ヵ月の赤ん坊を1人で家に残し1時間以上の外食デートは虐待か? »

Jul 07, 2007

全身麻酔で虫歯治療の女児、急性心不全で死亡…山梨

人気blogランキングに参加しています。一押しで順位が上がります。よろしくお願いします!人気blogランキングへ
順位案内用

同様の事故で、5年前(2002年6月15日)にも埼玉で4歳の女児が死亡している。今回の事件を見て、すぐに思い出した。

関連資料:
第17回 虫歯治療の麻酔で小児死亡 2002/09/14
 (石井歯科クリニック)
歯科治療の麻酔で女児死亡、遺族が提訴へ 埼玉・深谷
 (06/05/13 朝日)(提言・医療情報PICKUP)

5年前の事件は歯科医による事前のアレルギーのチェックが甘かった事が原因だったようで、何年ももめた上、昨年裁判になっている。

今回の事件の原因はまだ全く分からないが、本人が知的障害を持っておりで危険防止のため「全身麻酔」にしたなど、5年前の事件とは状況はかなり違う。また、記事を読む限り良心的な歯科医だったかどうか判断しがたい。

小さな子供を持つ親にとって、非常に気に掛かる事件だ。情報が入り次第、続報を書きたい。

以下、元になった記事の引用:


全身麻酔で虫歯治療の女児、急性心不全で死亡…山梨
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070706i413.htm

 山梨県は6日、県立あけぼの医療福祉センター(同県韮崎市、佐藤英貴所長)で5日、全身麻酔で虫歯の治療を受けていた同県甲斐市の女児(9)が心停止状態となり、約6時間後に死亡したと発表した。

 死因は急性心不全で韮崎署が司法解剖を行い、詳しく調べている。

 同センターによると、治療は、5日午前10時15分に全身麻酔を施された後、同50分から始まった。午後2時ごろ、突然、女児の容体が急変、心停止状態になった。一時、心拍が再開し、甲府市内の病院に搬送されたが、同7時50分過ぎに死亡が確認された。

 治療は、県歯科医師会から派遣された男性歯科医、麻酔科の女性医師ら7人が行った。女児は重度の知的障害を持ち、手術中に動いてけがをする恐れがあったため、全身麻酔を施したという。同センターは「適切な方法で治療は終盤まで順調に行われていた。どうしてこうなったか全くわからない」としている。

 同センターでは2006年度に、全身麻酔による歯の治療を16件行っている。同センターは、児童福祉法に基づいて重度の障害を持つ子どもたちの入所、通園を受け入れる施設で、県内で唯一、障害者専門の歯科を設けている。

(2007年7月6日21時42分 読売新聞)


※人気blogランキングに参加しています。このブログが面白いまたは役に立ったとお感じになった時に「人気blogランキングへ」をクリックしてください。お1人様1日1回までカウントされ、ランキングに反映されます。

|

« @niftyトップページ初登場! | Main | 生後2ヵ月の赤ん坊を1人で家に残し1時間以上の外食デートは虐待か? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50105/15677766

Listed below are links to weblogs that reference 全身麻酔で虫歯治療の女児、急性心不全で死亡…山梨:

« @niftyトップページ初登場! | Main | 生後2ヵ月の赤ん坊を1人で家に残し1時間以上の外食デートは虐待か? »