« Thunderbird を 1.5 から 2.0 へアップグレード | Main | Thunderbirdで複数のアカウントの送信サーバを個別に設定する方法 »

Jun 13, 2007

適応:環境を変えるか・自分を変えるか

人気blogランキングに参加しています。一押しで順位が上がります。よろしくお願いします!人気blogランキングへ
順位案内用

生物や会社組織は環境の変化に適応しなければ生き残れない。

適応の仕方には、環境を変えるか・自分を変えるか、2種類ある。


生物の場合、

環境を変えて適応する場合。これには知性が必要だ。例:木を倒し土を集めて川をせき止めてダムを作るビーバーなど。

自分を変えて適応する場合。これには体力と根性が必要だ。例:ベルグマンの法則、すなわち、恒温動物においては、同じ種でも、寒冷な地域に生息するものほど体重が大きく、近縁な種間では、大型の種ほど寒冷な地域に生息する(Wiki)→熊など、寒さに適応するため大型化。


会社組織の場合、

環境を変えて適応するのが営業。手持ちの製品・サービスを顧客が購入するように様々な手を打ち、顧客の心を変える。

自分を変えて適応するのが技術。顧客が望む製品・サービスとなるよう、手持ちの技術を革新し続ける。

(たまたまでてきた昔の手書きのメモを転記)

※人気blogランキングに参加しています。このブログが面白いまたは役に立ったとお感じになった時に「人気blogランキングへ」をクリックしてください。お1人様1日1回までカウントされ、ランキングに反映されます。

|

« Thunderbird を 1.5 から 2.0 へアップグレード | Main | Thunderbirdで複数のアカウントの送信サーバを個別に設定する方法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50105/15415807

Listed below are links to weblogs that reference 適応:環境を変えるか・自分を変えるか:

« Thunderbird を 1.5 から 2.0 へアップグレード | Main | Thunderbirdで複数のアカウントの送信サーバを個別に設定する方法 »