« 法人設立3周年 | Main | 自殺「脅迫」手紙 »

Nov 08, 2006

いじめ自殺予告手紙を書いた子へ

人気blogランキングに参加しています。一押しで順位が上がります。よろしくお願いします!人気blogランキングへ
順位案内用

※追記:06.11.10(金) 関連記事 自殺「脅迫」手紙
※追記:06.11.11(土) 関連記事 自殺予告手紙を書いた子は自殺しない
※追記:06.11.15(水) 関連記事 石原東京都知事をいじめる「いじめ自殺予告手紙」
※追記:06.11.16(木) 関連記事 「いじめ」と「自殺」は切り分けるべきだ

あなたは心がまっすぐだと思います。人の良心に訴えようとしているからです。あなたはとても賢い子だと思います。自分の主張を非常に効果的な方法で多くの人々に伝えることができたからです。その心と才能を伸ばせば、いつかいじめられない立派な人間になれると信じます。しかし、あなたがどんな方法を使っても、いじめはなくならない。

人がたくさんあつまれば、強者と弱者がいて、強者は弱者をいじめます。強者か弱者かは、その人がそのときに置かれている状況次第で簡単に変わります。

いじめる人は「普通の人」です。「普通の人」は、状況次第で簡単にいじめっ子になります。それは、いつの時代、どこの国でも同じです。そして、それはこれから永遠に変わらない。あなたも、今はいじめられてつらい思いをしているのですが、少し状況が違えばいじめる側になっていたかもしれません。

強者になっても弱者をいじめない人はいます。そういう人は人格者といいます。あなたには生き延びて、人格者と言われる大人になって欲しい。あなたが手紙で訴えている「うらみ殺す」というのは「自殺」という手段を使った「脅迫」です。それはあなたが苦しめられている「いじめ」とよく似ていると思いませんか?

いじめが自殺の原因だなんて、証明しなくても分かっています。だから、証明する為だけに自殺するのは無駄です。大人はあなたがどんなに頑張って証拠をつきつけても、うまくごまかしてしまいます。大企業の下請けいじめ、上司の部下いじめ、あらゆるところで、同じことが行われています。いつの時代でも、どこの国でも、嘘をつくのを仕事にしている政治家は大勢います。

賢いあなたには、自殺することが最善の手段ではないと気づいて欲しい。しかし、自殺以外に今の苦しみから抜け出す方法が分からないならば、やはり自殺してしまうでしょう。私も子供のころ、そう思っていました。

自殺せず、苦しみから抜け出す方法が一つあります。周りに一人でもあなたを信じ、助けてくれる存在を探せば良いのです。

こんな簡単なことで楽になるはずない、と思うかもしれませんが、人間の心とはそういうものです。100人の敵に囲まれていても、信頼できる人が一人、あなたを支えてくれれば、不思議と落ち着きます。

でも、もし、見つからなかったらどうしますか?やっぱり自殺するしかないのでしょうか?

いえ、違います。自殺するだけの覚悟があるのでしょう?その覚悟があれば、あなたを支えてくれるたった一人の人くらい必ず見つかります。見つかるのが早いか遅いかは分かりませんが、無人島で一人しかいないということでなければ、きっと見つかります(無人島に一人だったらいじめられることもありませんが)。

あなたが私の記事を読んでくれているかどうか分かりませんが、ネットのニュースで公開されたあなたの手紙を読み、私が子供のころに感じた事・考えた事と驚くほど似ていて一筆書かずにはいられませんでした。

残念ながら私があなたを支える一人になることはないでしょうが、少しでもあなたを勇気付けることができれば嬉しく思います。あなたが一刻も早く自殺以外の方法で苦しみから抜け出せるよう心より祈っています。

※なお、この記事を書いたのは、「人権を失ったまま生き続けても、そんな命に意味はない。」を読んで違和感を覚えた事が大きく影響している。

※以下、自殺予告手紙に関する記事の引用:


自殺予告手紙:「生きていくのがつらい」……手紙全文

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061107k0000e040057000c.html


いじめ自殺を予告する手紙のあて先部分のコピー 6日午前中に伊吹文明文部科学相あてに届いた封書には、「文部科学省 伊吹文明大臣様」とあて先が書かれ、その横に「(重要文書在中)至急大臣にわたすこと」と注意書きが添えられていた。封書には文科相、教育委員会、校長、担任、同級生、同級生の保護者、両親にあてた計7通が同封されていた。ただ、個人名や学校名などは書かれていなかった。7日未明に文科省が公表した手紙の全文は以下の通り。(原文ママ)

▽封筒表

〒100-8959東京都千代田区丸の内251

文部科学省 伊吹文明大臣様

(重要文書在中)至急大臣にわたすこと

▽封筒裏

「いじめが原因で自殺予告文といじめと自殺は、因果関係がある証明書」在中

いじめが原因の自殺証明書

文部科学大臣  伊吹文明様

 僕は、いじめが原因で11月11日土曜日に自殺することを証明します。 この手紙をいじめた人達、学校の先生、校長、教育委員、いじめた人達の保護者、僕の両親に自殺をしたら見せてください。あとマスコミの人々にも全部見せてくださいお願いします。

 今回手紙を書いた理由は、生きていくのがつらいからです。いじめた人達は、何もバツをうけませんでした。先生に言ったのにも先生は、なにもしませんでした。両親にも言ったのですが「がまんしろ」しか言いません。なんとか親が学校の校長先生や教育委員のかたに連絡してもらったのですがなにもかわりません。なのに親や先生は、「お前の性格がわるい。や「がまんしろしか言わない。」ので11月8日の水曜日までになにもかわらなかったら「いじめが原因の自殺証明書」どうりに自殺します。場所は、学校でします。みんな信用できないので文部科学大臣の伊吹文明大臣に書きました。僕の名前は、11月11日土曜日に自殺のニュースでみんなに知らせてください。お願いします。お願いします。

クラスのみんなへ

クラスのみんなへ なぜ僕をいじめるのですか。「キモイ」からですか「クサイ」からですか。なぜ僕をさけるのですか。なぜ僕のズボンをおろすのですか。ホモなのですか。なぜかげぐちを言うのですか。僕には、わかりません。僕は、みんながいじめたので自殺をします。自殺したあとにはんせいしたとかわるいことをしたなどうそを言うでしょう。ぜったい反省していないでしょなぜなら反省してたらクラスみんなで僕をいじめないからです。ぜったいなん年かたったらわすれるでしょう。なので僕が自殺しました。そのあとでみんな責任をとって自殺してください。11月12日の日曜日に学校の教室で自殺をしてください。反省しているのならできるはずです。なぜみんなが責任をとらないといけないかは、わかると思います。テレビなどでは、いじめた人は、先生や校長先生や教育委員会がみんなグルになってしょうこをいんめつしたりしていじめはないとウソをついたからです。だれも責任をとったいじめっ子は、いません。大人たちのせいです。なのでこんどは、大人の人がまもっくれると思っているのでしょうがまちがいです。ぜったいみんな自殺して責任をとるようにいろんな人に遺書を書きました。ぜったいいじめは、ゆるしません。僕からは、自殺をしない人は、ひきょうものだとしてウラミます。そしてうらみ殺します。または、全員の名前をこうしょうしてもらいます。生きじごくです。ずっといじめをした人だとまわりからゆわれてすごすことになります。最後に責任をとってください。

  集合場所 学校の教室

  日時 11月12日日曜日僕が自殺した次の日

  持ち物 ロープ(くびをつるため)

  または、 ナイフ(自分でさして死ぬため)

です。まもらない人は、あとでのろい殺します。さようなら僕をころしたクラスのみんな

両親へ

親へ お父さんお母さんこれを読んでいる時には、僕は自殺しています。ごめんなさい。 僕はがまんができませんでした。 いじめた人達、学校の先生、校長先生、教育委員は、みんな同じです。テレビを見てほかにも自殺したいと考えている人々がいることがわかりむりをしなくてもよいことがわかりました。いじめた人達何もしなかった先生、校長先生、教育委員のせいで僕は死にます。自殺します。先生や校長先生、教育委員は、テレビで見たように責任のがれをするでしょう。僕にはわかります。だから僕は、彼らをうらみます。もし生まれかわれたらまたお父さんお母さんの子供になりたいです。

担任の先生へ

担任の先生へ なぜ僕をたすけてくれないのですか。僕は、なん回も先生に言ったし親も先生にいじめについて言いました。もう先生が言ったように「がまんしろ」「お前が悪い」など先生に言われましたがいじめた人は、僕が「キモイ」や「クサ」など言います。どこに問題がありますかなぜ僕だけがこんなめにあわないといけないのですか先生は、僕を嫌いなのですか11月8日水曜日までにいじめた人に注意をしなければ僕は11月11日土曜日に学校で自殺します。先生もいじめている人と同じです。死んだらうら見ます。ぜったい先生をゆるさない。 僕が死んだら先生は、テレビでやってたようにウソをついていると思います。「いじめは、なかった」とか「いじめと自殺は、因果関係」がない、とかぜったい言ってるでしょう。先生も責任をとって僕が自殺した次の日の日曜日に自殺してください。ぜったいです。だけど先生は、信用できません。なので文部科学大臣に手紙を書きました。僕は、学校の先生を信用できません。ほかの先生もです。見てみぬふりをしています。いじめられているところを先生は、見たでしょなのになぜなにもしないのですかわかりません。

クラスのみんなの保護者へ

僕はあなたの子供にいじめられて自殺してもう生きていないでしょう。いままでどんな教育をしてそだててきたのですか。僕には、わかります。集団でいじめで責任をあやふやにして生きていくように子供をそだてたのですね。こんかいの自殺でいじめを知らないなどと言うと思うのですがウソをつくのは、やめてください。僕には、わかります。自分の子供がいじめをして人を殺したのです。殺人事件です。僕をいじめた人達の保護者なので信用できません。学校とグルになってもみけしたりしょうこをいんめつしたりするでしょう。そうさせないために文部科学大臣に遺書を書きました。みんなは、なにを子供におしえたのですか。つみには、とらわれない人の殺し方なのですか。責任は、とるのですか。だれがとるのですか。ウソをつく人の子供は、ウソつきです。無責任です。人殺しです。もしかして保護者の人も自分の子供などと同じく人を殺したことがあるのですか。ぜったいないでしょう。人殺ではなく自殺においこんだのでは、ないでしょうか。なので子供に責任をとらせてください。

 集合場所 学校の教室

 時間   11月12日日曜日僕が自殺をした時間。

 持ち物  ロープ(くびをつるため)またはナイフ(自分で死ぬため)

 そして子供を自殺させなさい。命れいです。自分の子供は、人殺なのです。または、あなたが子供を殺してください。

 最後にだれもこの約束を守らないでしょうそれは、いじめについて反省してないからです。ウソつきでひきょうものだからです。最後に自殺するまえにいしゃりょうとして1人100万円いじめに反対しているNPOなどにきふすること。

教育委員会へ

 なぜ僕が自殺をしたのかわかりますか。ぜったいわからないとウソをつくでしょう。まず最初に言いたいことがありま。今回の自殺は、「いじめが原因で自殺した。自殺といじめは因果関係があり教育委員は、いじめをしっていながらなにもしなかった。」

とはっきりテレビのニュースで本当のことをいってください。親が教育委員会に学校がなにもしないとなんどもなんどもいったのになぜなにもしないのですか。教育委員会のしごとはなんですかおしえてくださいいじめをさせるのが教育委員会のしごとですか教育委員会は全国にあっていじめをさせているのですか。テレビでは、ウソつきをしています。またこんかいもしょうこいんめつをするのですかこんかいはぜったいさせません。 なので文部科学大臣に遺書を書きました。僕は、なにもしなかった教育委員会をゆるせません。なので11月8日水曜日までにいじめがかいけつできなかったら11月11日土曜日に自殺をします。ほんきです。なにもしない教育委員会はいらないすぐに解散してください。

僕は、死んだらうらみます。教育委員会は、どこもニュースでやっているとおり同じです。ウソをついて自分のためだけにやっています。きゅうりょうどろぼうで自己中心でゆるせません。なので僕は自殺をします。


いじめ自殺問題:「いじめで11日自殺」文科相に予告手紙 21都道府県に調査指示
自殺予告:文科省通知「豊」消印に注目 差出地「豊島」か
自殺予告:差出人可能性の21都道府県の学校 朝から対応
自殺予告:伊吹文科相「世の中は君を放っていない」
毎日新聞 2006年11月7日 12時03分 (最終更新時間 11月7日 12時14分)


※人気blogランキングに参加しています。このブログが面白いまたは役に立ったとお感じになった時に「人気blogランキングへ」をクリックしてください。お1人様1日1回までカウントされ、ランキングに反映されます。

|

« 法人設立3周年 | Main | 自殺「脅迫」手紙 »

いじめ・自殺」カテゴリの記事

Comments

私も小学校の頃いじめられて手紙を書いた子と同じような事を考えていました。死ぬことで何も解決はしないし私も今生きていて良かったとおもいます。

Posted by: ロンリー | Nov 11, 2006 12:57 AM

ロンリーさん、コメント有難うございます。いろいろ議論はありますが、私も今回のケースに関しては、「自殺しないほうがいいんじゃない?」と考えています。他にも関連記事を掲載していますので、是非そちらもお読み下さい。

Posted by: 技術コンサルタント:中村 友一 | Nov 11, 2006 10:01 AM

今日はずっと手紙を書いた子のことを考えていました。いじめは辛いです。何年たっても忘れられません。私の場合は蹴られたり,バイキン扱いされたり物をかくされたり,給食にツバをかけられたりしました。担任も見て見ぬふりしていて助けてくれませんでした。生き地獄でした。死にたいと思いました.手紙の子の文章を読んで当時の私と同じ気持ちで今苦しんでいるんですね。その子がこのサイトを見てくれるかはわからないけど,ひとつしかない命です、また両親の子供として生まれたいのなら死んではいけない。生きていつか幸せになって見返して欲しい。私は苦しくいまだにトラウマありますが見返すことできたよ。忘れられないけど生きていてよかったと思う。後親に言いたい貴方の子がいじめられているなら無理に学校に生かせないでください。

Posted by: ロンリー | Nov 11, 2006 10:03 PM

ロンリーさん、再度のコメントありがとうございます。

ロンリーさんの体験はどれも全国的に定番のいじめコースでしょうか。検索するといじめ関連の議論をしているホームページたくさんあります。もっと凄惨ないじめ体験レポートや、いじめ克服体験が投稿されているページもありました。

この手のホームページでは、人権とかなんとか「言葉遊び」にはまってしまうケースや、誰かを悪者にしたり非難したりといった非生産的な方向にはまってしまうケース、いじめのつらさのはけ口に終わるケース、色々あります。どれも根本解決と程遠いものばかりです。

余裕ができたら「前向きな」「解決に役立つ」関連記事を追加したいと考えています。また見に来てください。

Posted by: 技術コンサルタント:中村 友一 | Nov 14, 2006 07:21 AM

 はじめまして。TB伝ってやって参りました。
 「いじめ自殺」リスクマップ、及び「自殺(に至るいじめ)」と「(軽度の)いじめ」を区別するとのご意見拝見させていただきました。
 率直な感想ですが、このようなマップ(マトリクスというのでしょうか?)は現場の教師用として想定されているのでしょうか?いじめは、被害者の心理的側面にせよ、いじめの内容の深刻度にせよ(はたまた加害者のいじめ認識度にせよ)、第三者による客観的把握が難しいように思えます。そもそも巧緻的ないじめは表面化しないようになっているでしょうから。これからの考察に期待したい…というのも無責任っぽい言い方で悪いですが、「いじめの深刻さ」の具体的な内容とか客観的な基準(それが第三者から見ての基準なのか、被害に遭っている当人から見ての基準なのかも含めて)を提示いただければと思います。
 同様に、被害者の心理的側面に関しましても、例えば福岡では、友人や恋人に「全く心配ないよ」と笑って告げていた子が自殺したりしていますので、その把握は一層困難だろうと思われます。まさに早期発見&対処の方策に関係機関は全力で取組んでもらいたいと思います。
 また自殺に関してですが、どなたかがコメントされていましたように、私なども「なんでそんなちっぽけなことくらいで!?」と思うようなことで死を選ぶ子がいますよね。ベースには死生観の問題があるのかもしれませんが、それにしてもいじめの深刻度とは別に、「衝動的」な要素があるような気がしてなりません。だから「流行り」なのかもしれません。
 さてさて、他でもいくつかの自殺志望者へのメッセージを読んでましたが、中村さんのメッセージには感動しました。私も含めてありきたりのことしか言えてないと思っていましたが、このメッセージは全体を通してとても説得力があると思いました。朝日新聞に著名人によるメッセージが載っていましたが、とにかく逃げろとか、君の居場所は必ずある…例えば離れ小島とかみたいなことが書かれていて、ガクッときました。それよりこの文章を載せてもらいたいと思いました。
 お忙しいでしょうが、これからも頑張ってください。

Posted by: mie | Nov 19, 2006 12:10 AM

mieさん
コメント有難うございます。過分なお褒めの言葉に恐縮です。ご指摘の「詳細」は別途、記事を書くつもりです。時々ご覧下さい。

Posted by: 技術コンサルタント:中村 友一 | Nov 20, 2006 12:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いじめ自殺予告手紙を書いた子へ:

» [雑談] いじめられ、そして死のうとしている君へ [そこにはなにがある]
id:essa:20061108 essaさんのエントリーに触発されて 「考え続けろ。悩み続けろ。放っておいても死は君を待っている。今、死んではいけない。死ぬっていうのは思考停止すること。思考停止した先には何も待っていない。今、死んではいけない」。大人たちは自殺を止めようとす... [Read More]

Tracked on Nov 09, 2006 12:04 PM

» いじめ調査:うちの子大丈夫? 探偵社に依頼増える [カロリーと2ちゃんねる]
 「うちの子がいじめられているかもしれない」。子どもの被害を心配する親たちが、 [Read More]

Tracked on Nov 10, 2006 10:31 PM

» 文科相あてに自殺予告文 「投函地区は豊島区?」 [☆いろんな職業(仕事の職種)情報館☆]
文科相あてに自殺予告文がとどいた問題・・・ [Read More]

Tracked on Nov 12, 2006 12:59 AM

» 命を懸けて訴えるなんて絶対やっちゃ駄目! [RIDICULOUS]
 自殺が横行している。悲しいこと。とにかく自殺してはいけません。死んでみても始まらないとほんとに思います。  特に気になるのが最近、「命をかけて訴えるために自殺する」流れが多いように見えること。自殺予告はその例じゃないかな。もちろん、本当は止めて欲しい、助けて欲しいという叫びもあるのだろうけど、なにか社会に訴えよう、自分の死で責任を問おうという考えがあるように見えて仕方ない。  命を懸けて訴えるなんて、もっとやってはいけない。 ... [Read More]

Tracked on Nov 17, 2006 03:57 PM

» 自殺予告の手紙 [オレ的日々雑感]
 関係者…いたずらか?と思いたいんだろうけど、もし本当だったら自分たちの責任を追 [Read More]

Tracked on Nov 18, 2006 11:14 PM

« 法人設立3周年 | Main | 自殺「脅迫」手紙 »