« 国を売るつもりはない。死を選ぶ | Main | 「こうしてる間(ま)にも日は暮れる」(冊子版)の販売は終了しました。 »

Feb 21, 2006

給料泥棒

人気blogランキングに参加しています。一押しで順位が上がります。よろしくお願いします!人気blogランキングへ
順位案内用

サラリーマンが「給料泥棒」と口にできるのは幸せなことなのだろうか。私もかつて「給料泥棒」と後ろ指さされないよう必死に働いていた。しかし、独立して3年目ともなるとそんな感覚は全くない。

先日、某社の従業員と打ち合わせ中に「のんびりしていたら給料泥棒」という文脈で使われるのを聞き、色々考えさせられた。独立した身では、のんびりしていたら一家は路頭に迷う。

サラリーマンは(多少さぼったとしても)毎月何十万円もの基本給が(なんと現金で!)頂ける上、住民税・年金・社会保険といった面倒な手続きと滅多に関らないで済む。せいぜい年末調整の時に一筆書くくらいだ。

ちょっとだけ、懐かしく思い出した。

※人気blogランキングに参加しています。このブログが面白いまたは役に立ったとお感じになった時に「人気blogランキングへ」をクリックしてください。お1人様1日1回までカウントされ、ランキングに反映されます。

|

« 国を売るつもりはない。死を選ぶ | Main | 「こうしてる間(ま)にも日は暮れる」(冊子版)の販売は終了しました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 給料泥棒:

« 国を売るつもりはない。死を選ぶ | Main | 「こうしてる間(ま)にも日は暮れる」(冊子版)の販売は終了しました。 »