« 金払って食べるキムチとタダのキムチ | Main | Peter Drucker dies »

Nov 17, 2005

ノートパソコンにコーヒー

人気blogランキングに参加しています。一押しで順位が上がります。よろしくお願いします!人気blogランキングへ
順位案内用

ノートパソコンにコーヒーなどの水分が掛かった場合、直ちにWindowsを終了させ、電源ケーブルとバッテリーユニットを外さなければならない。通電カットし回路ショートを防ぐということだ。通電カットが早ければ汚損箇所を洗浄・乾燥して復旧することが多い。携帯電話を水洗トイレに落としたような場合も同様で、すぐバッテリーパックを外せば復旧する可能性は高い。

通電カット後は水分による汚損箇所を洗浄・乾燥させる。内部の風通しを良くするため、ドライブユニットやメモリパネルなどを取り外す(ただし、無理に分解するとかえって復旧が困難になることもある)。糖分が高くねばねばが残る場合、水道水でジャブジャブ洗うこともある。ねばねばがなければできるだけ自然乾燥に持ち込むべきだ。

コーヒーなどの水分がパソコン内部にしみ込むほど掛かった場合、私の経験では復旧率は半々。糖分が高いか、すぐ通電カットできたか、といった点が成否を分ける。デスクトップPCであれば最悪でもキーボードを交換すればOKだが、ノートPCはそうもいかない。通電状態でファン・電源ユニット・マザーボードなどがショートすれば復旧は絶望的だ。修理するくらいなら新品を買ったほうがマシ、ということが多い。

今週、あるクライアントから「ノートパソコンにコーヒーをこぼしたら起動しなくなった」と相談があった。相談の電話が掛かった時点ですでに30分経過していたとのことで、「あー、だめかなー」と思ったが、「電源を抜いてバッテリーパックを外す」旨を伝え、本体の回収に出向いた。回収後、分解して洗浄できるところは洗浄し、開放状態で一晩自然乾燥させたら翌朝には復旧した。多少のコーヒー臭は残ったが無理な分解洗浄は避け作業完了とした。

同じ状況に陥ったらとにかく「通電カット」が最優先だ。ノートパソコンを使っている場合、普段からバッテリーパックの外し方を確認しておくことをお勧めする。

※ノートパソコンにコーヒーをこぼしてお困りの方はご相談下さい(→ご相談・ご連絡先)。ご相談の前に通電カットをやっておいて下さい。

追記:
06.01.12(木): この記事を読んだ方からご相談を受けた。

※06.07.05(水)追記: 関連記事「ノートパソコンに子供が嘔吐」を掲載しました。

※人気blogランキングに参加しています。このブログが面白いまたは役に立ったとお感じになった時に「人気blogランキングへ」をクリックしてください。お1人様1日1回までカウントされ、ランキングに反映されます。

|

« 金払って食べるキムチとタダのキムチ | Main | Peter Drucker dies »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50105/7155623

Listed below are links to weblogs that reference ノートパソコンにコーヒー:

« 金払って食べるキムチとタダのキムチ | Main | Peter Drucker dies »