« Googleから抹殺? | Main | 津波被害は原爆を超える? »

Jan 28, 2005

豚屋から仕入れる

人気blogランキングに参加しています。一押しで順位が上がります。よろしくお願いします!人気blogランキングへ
順位案内用

昨日のNHKニュースによると、小中学生の12%が「問屋から仕入れる」を「豚屋から仕入れる」と書いたそうだ。自動車で移動中、ラジオで聴いていて笑ってしまった。これは小学生の話で、これでも1980年に比べると漢字力が高くなっているらしい。

ニュースではさらに「国語以外の教科でもしっかりと文章を書かせたり計画的に読書をさせたりする指導が大切」と続き、教える側に立つことのある私自身、最近の授業や講習などを振り返って反省している。

私が学生のころ、工学・数学・物理系の先生は専門分野の内容を正確に記述することには必死でも、漢字は面倒なものとして重視せず、略記したりかな書きしたりが多かった。オペレーティングシステムの授業である教授は「パターン認識できるから」と意図的に崩れた字を書いていた。

学生時代の影響が大きかったのか、私も大学の授業や企業の研修・指導などの場で漢字を丁寧に書かないことが多い。しかし、これからは少し反省して、国語の授業に望むつもりで丁寧・正確な漢字を書くように気をつけたいと思う。

※出典:http://www3.nhk.or.jp/news/2005/01/27/d20050127000146.html
→多分すぐリンク切れすると思われるので下記に全文引用しておく:

小6漢字 4割を正しく書けず

小中学校の教育内容を研究している民間の総合初等教育研究所は、おととし全国1万4000人余りの小中学生を対象に小学校で習う漢字の「読み」や「書き」が、どれだけ身についているか調べました。それによりますと、小学1年生で習う漢字について学年の修了時点で子どもたちに行ったテストでは「読み」の平均正答率は90%、「書き」の平均正答率は91%でした。学年が上がるごとに、正答率は低くなり、小学6年生で習う漢字について学年の修了時点で行ったテストでは、「読み」の正答率は85%、「書き」の正答率は58%で、最近の小学生は卒業段階で6年生で習う漢字の4割以上を正しく書けていないことがわかりました。例えば、「勉強に努める」の「つとめる」を正しく書けた子どもの割合は19%で、「役目をつとめる」などの時に使う「務める」と誤って書いた子どもの割合は20%、何も解答を書かなかった子どもの割合は29%でした。また、「問屋から仕入れる」の「とん」を正しく書けたのは21%で、音読みが同じ「豚(ぶた)」と誤って書いたのは12%何も書かなかったのヘ53%に上りました。調査結果の分析を担当した、国語教育が専門の青山学院大学の小森茂教授は「今の子どもたちは本を読んだり文章を書いたりする時間が少なくなっていることが結果に影響していると思う。子どもたちの漢字の学力を上げるには学校では、国語以外の教科でもしっかりと文章を書かせたり計画的に読書をさせたりする指導が大切だ」と話しています。
01/27 19:09

※人気blogランキングに参加しています。このブログが面白いまたは役に立ったとお感じになった時に「人気blogランキングへ」をクリックしてください。お1人様1日1回までカウントされ、ランキングに反映されます。

|

« Googleから抹殺? | Main | 津波被害は原爆を超える? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんな昔の記事にコメント書いてごめんなさいね。お元気ですか?
おいら漢字が読めない若者が大嫌いなんで。(正確に言うと違う。)

もう若者に限らず年寄りでもそうだけど、そいつらのせいで(阿呆に配慮して)、平仮名の自治体はもう40を超えている。(50に達してたかも)地名漢字の美しさを何だと思ってるんだ。
陸奥、筑波、津軽、浮羽、薩摩・・・
どれも皆美しい漢字。かわいそうに・・。
(ただ読めないというだけが理由ではない自治体もあるが。)

映画の字幕も「読めない」「意味がわからない」というガキが増えているという事で、常用漢字にもルビをふり、できるだけ簡単な言葉にしているという事。
映画は字幕もセットで一つの芸術作品。それをどうして漢字が読めない人間のわがままのために妥協して作らなければならないのか。戸田奈津子も嘆いているに違いない。

おいらがどうしても言いたいのは、漢字が読めないのは勝手にすればいい。許せないのは、そいつらの意見や苦情を受け入れて、そいつらの為に対応する奴らなんだ。本来なら漢字が読めない奴らが淘汰されるべきなのに、まともな人間が淘汰されようとしている。

学校や社会の問題もそう。アホみたいに喚いた人間の意見が通り、恥を知り自分の意見を飲み込むまともな人間たちは尚更我慢をするしかなくなる。
話がずれたので、戻すと、

漢字がそこにあって、それが読めないなら読めるようになるのが本来の姿であり、読めるようにしてあげるのは本来の姿ではないということ。「君は間違っていないんだよ。従来の方法が間違っていたから君たちに合わせてあげるよ」なんてことをこれからもずっと繰り返していくのか。
テレビの中でもアホみたいなクイズ番組が氾濫して、小学生の低学年の問題も解けない奴らが人気絶頂でいる。答えられずくだらない解答をすれば拍手喝采で皆に笑顔を向けられる。本当なら軽蔑されなければならないにも関わらず。

これはたかが漢字の問題で済む話ではなくて、いろんなことに繋がる日本の懸念事項だと思う。


ふと、ここで気がついた。日常の怒りをいきなりここに書き示してしまい、中村さんに迷惑をかけてしまった僕も恥知らずだ・・・。ただ自分のブログなどがない今この怒りをどうしても書きたかった・・・。ごめんなさい。そして大急ぎで書いたので、このコメント内にも誤字があるかも。

Posted by: yon | Jun 02, 2008 11:59 PM

yonさんお久です。3年半前の記事なのでびっくりしましたがコメントどうもです!

漢字については日本の国語審議会がそもそも旧字体を崩しすぎではないかと思います。未だに旧字体で頑張っている台湾を見るとうらやましくもあります。崩しすぎて別物になっちゃった中国を見ると悲しくなります。

悪貨が良貨を駆逐してしまう、逆らい難い時代の流れなんでしょう。

Posted by: 中村友一 | Jun 03, 2008 06:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 豚屋から仕入れる:

« Googleから抹殺? | Main | 津波被害は原爆を超える? »